フォト

LINK

« 長野→新潟→山形へ | トップページ | 秋田の雪景色 »

2012年2月20日 (月)

山形の雪景色

まずは、Sense of Japanの撮影の時に訪れたことがある漁村に行ってみました。30分ほど海沿いを歩きましたが、雪が少ないため、なかなか撮りたいと思う被写体と出会うことが出来ません。
鶴岡の町を横断し、山へ向かいます。最上川沿いの小さな村である光景を見つけ2カット撮影。でも、まったく手応えなし。
その後も各地を精力的に巡りましたが、これだ!と思う被写体とは出会うことが出来ませんでした。
仕切り直しをしようと、セブンイレブンでランチ。朝からいい写真が撮れないので、食欲がありません。それでも無理して、カレーまんとベルギーチョコまんを食べました。
2時頃、ある村である被写体と出会います。カメラを構え、慎重に構図を決め、シャッターを押します。よし、これは決まった! ようやく手応えある1枚をゲットできました。撮影場所を地図にマーク。
新庄市まで行ってみましたが、町中には今求めている被写体はないなと判断し、すぐにUターン。
帰り道、ある場所である風景を見つけます。しかし道沿いには高い雪の壁があるので、車を停めることが出来ません。
近くの村まで行き、歩いていたおじさんに、「山の写真を撮りたいのですが、どこか車を停める場所がありますか?」と質問すると、「この村にはないな。もしよかったウチの駐車場を使え」と、家の前に車を停めさせてくれました。感謝、感謝です。
10分掛けてポイントまで歩き、写真を撮りましたが、う〜ん、手応えはなし。車を運転している時に見る風景と、実際その場所に立った時に見る風景とは、やはり何かが異なるのです。
Img_0201夕方、鶴岡の郊外へ。鳥海山が美しく輝いています。背後に山を入れる感じで何か撮れないかなと、田舎道をグルグル回ってみましたが、結局何も見つからず、シャッターを押すことが出来ませんでした。
今日の成果は5枚。うち手応えありは1枚。まあ、初日はこんなもんです。

« 長野→新潟→山形へ | トップページ | 秋田の雪景色 »

コメント

大きく間違えてしまいました…。鳥海山でしたね。
すみませんでした。m(_ _)m

出羽富士とも、秋田富士とも呼ばれるのですね。

美しい北国の風景お写真、ありがとうございました☆

とても優美、まるで富士のような山の雪景色ですね。

山の標高が高くさらに姿が美しいことは、昔より圧倒的な存在感なでしょうね…

日本の山並みは、季節により色合いを変えて、山から遠ざかるほどに、黒々とした緑から、やがて青になり、ついには、薄むらさき色に見えてゆくのですね。

このお写真の海鳥山の向う、はるか遠く晴れていて、そらは薄あおく、山頂の雪が純白いろにかがやいて、まばゆいくらいです。

山上の白雲は山肌に影を降ろし、こちらに近づくと雲は、まっすぐと横に層をなし、雪雲を思わせるグレイ。
山裾まで何もない広々とした雪は、あわく空の色を映しているのでしょうか?

昨年末から国内外のタイトなスケジュール、お疲れ様です。山形と聞いてすぐに、藤沢周平原作の「たそがれ清兵衛」が頭に浮かびました。映画のラストシーンでは涙が溢れました。その庄内地方を歩かれたのですね。。ブルーグレーの雪原の後ろに見える鳥海山、清々しい美しさですね・・・寒河江から来られたお婆ちゃんからお聞きしましたが、冬は厳しいけれど鳥海山の周りには良い温泉があり、果物や食べ物も美味しいと。そんな事を思い出しながら、遠くて優しい姿の鳥海山をまた見ました。お気をつけて

冬の日本海、独特な雰囲気を持っていますよね。陰と陽なら、やはり陰のイメージです。雪、灰色の雲、薄い陽射し、漁村、漁船…イメージが膨らみます。
輝く鳥海山、美しいですね。それと寄り添う被写体、何が似合うんでしょうね。やはり村の生活を象徴するような素朴なものが似合いそうです。
雪、空、光り、素朴な景観、そして吉村さんの心に響くもの。出会える確率は、確かにそんなに高いものではないかもしれませんね。すべてが揃って、ベストショット。
明日も、いい巡り合わせがありますように、お祈りして、お休みなさ~い!

今日も取材お疲れ様でした!1日あちこち回ってもなかなか納得のいく被写体は撮れないものなのですね?地道なお仕事ですね…。

しかし、地方の方は皆、親切ですね。今日も駐車させていただけたり…。明日また新鮮な風景に巡り会えますように

いい写真撮れないと、食欲がわかないけど、無理して食べると。食事はとらないと、元気が出ませんから、食べてくださいね。鳥海山の雪景色、ブログを読んでる私たちは、先生の作品に一番に出会えるから、うれしいです。私も明日から、バイトと仕事です。先生のブログで、元気でます。

吉村サン、山形の鳥海山の雪景色は存在感を感じます。綺麗ですね。
今日、こちらのある山も裾野まで綺麗に見え、ここに白い軽トラックがあったら、シャッターを切りたくなりました(笑)

こういった風景は、横いっぱいに雪山を撮ろうとしてしまいがちですが、縦雪原と雪雲の白を入れ、雪山を撮る…、なるほど。

雪景色の美しさと撮影の難しさがあります。
手ごたえを感じるお写真、本日1枚、良かったです(^^)。

吉村サンは、甘党なんですね。「ベルギーチョコまん」は、食べたことが無いです(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野→新潟→山形へ | トップページ | 秋田の雪景色 »