フォト

LINK

« 時差ボケとの戦い | トップページ | 朝はオレンジジュース »

2012年3月 9日 (金)

ある機材を買う

3時間、ぐっすり眠りました。
朝食後、撮影の仕事が始まります。すべてが終わったのが23時。さすがにクタクタです。
トロント、この24年間で何度訪れたでしょうか。空港はおそらく乗り換えで200回以上は使っている。街中に来たのは20回くらいでしょうか。
ハタチの時の中古車での大陸横断の旅は、この街は通過しただけでした。ナイアガラで一泊。その後、モントリオールへ行ってしまったのです。当時、大都市は何となく怖かった。

ある機材の調子が悪かったので、撮影の合間にイートンセンターのフォトショップに立ち寄り、新しい機材を購入します。何の検討もしないで高額な商品を買った僕を見て、お店の人は随分と驚いていました。
そう、このように現地で機材が故障すると、新たに購入しています。だから我が家には、北米仕様の機材がたくさんあります。
カメラは、同じカメラを2台持っていきます。1台が故障したら、残り1台を使う。でも、カメラは滅多に故障しないので、サブカメラを使うことはありません。

« 時差ボケとの戦い | トップページ | 朝はオレンジジュース »

コメント

吉村先生の作品集は、カントリーサイドの風景が多いですし、ブログ開設以前の旅の記録は、先生の書籍から拝察するしかないので、トロントとモントリオールのような大都市を、何百回と往復されていたことに、正直とても驚きました!

撮影に使われる機材などの現地での調達、じつはよくあるのですね?!
お店の方達、海外でも国内でも、きっとびっくりされていることと思います。

『緑の島に吹く風』というエッセイ作品集に、先生のカナダ大陸横断の旅のエピソードが綴られていますね。数年前、奇跡的に出会うことが叶いました。

いつ拝見しても、どこからスタートしても、読み応え満載♪ステキな作品です☆

二十歳の旅でナイアガラに泊まられたのですね♪私もナイアガラの滝の大きさにはビックリしました。特に、スカイロンタワーの上から見た絶景は素晴らしかったので、ランチに何を食べたか忘れてしまうくらいでした。吉村さんが行かれたイートンセンターはイートンズの後に出来た商業施設なのですね!!今日初めて知りました。

吉村サン、24年間に、200回のトロント空港にあしを運ぶ!平均 8回以上…(@.@)…す、すごい。

ますますカナダの旅に想いを馳せます。

機材購入の不意の出費は、必要経費でしょうが、物価はどうなのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時差ボケとの戦い | トップページ | 朝はオレンジジュース »