フォト

LINK

« ブーツを買う | トップページ | ある機材を買う »

2012年3月 8日 (木)

時差ボケとの戦い

世界各国を旅していますが、東部カナダの時差(11〜12時間)が一番きついです。
撮影の仕事を行っている日中は平気ですが、夕方から夜に掛け、モーレツな睡魔が襲ってきます。でもここで寝たら終わり。どんなに眠くても夜12時頃まで起き、それからベッドに入らないと、なかなか時差ボケは治りません。
昨晩は22時にホテルに戻りましたが、撮影データのコピーなどをして過ごし、頑張って深夜1時まで起きていました。
今朝は6時までぐっすり眠れたので、時差ボケは2〜3日で治るでしょう。
ホテルのWi-Fi利用、16ドルでした。メールチェックだけで16ドルというのは高い気がしたので、接続を見送ります。
徒歩10分の所にマクドナルドがあったので、ふらりと出掛け、iPhoneでWi-Fiを拾い、メールのダウンロードを行います。マクドナルドにはいつも助けられています。あっ、もちろんコーヒーを買って飲んでいます(笑)
午後から雨になり、夕方には本降りとなりました。雪はどんどん溶けていきます。カナダにも確実に春が近づいていることを実感します。
夜、AC8925便でトロントへ移動。
タクシーでダウンタウンへ。AM1時半にホテルにチェックイン。

« ブーツを買う | トップページ | ある機材を買う »

コメント

世界地図をながめながら…ヨーロッパ大陸、北米、赤道を超えて…日本のTOKYOを拠点に、世界じゅうの時間を、ワールドワイドに駆け巡っておられますね。
まさに、Mr.スーパー☆フォトグラファー!!です。

ことしは、「写真展の年」ならびに「撮影活動の年」でしょうか…?
写真作家の先生の東京でのお仕事、2012年は、ますます貴重になりそうですね。

タイムラグや気候の環境に適応されるすべは、回数をかさねると、慣れることができるもの??と思っておりましたが、毎回いつもたいへんな勝負なのですね。

旅の成果…お聞きできるひと時はいつも楽しいです。

吉村サン、半日の時差には 我慢して起きていて、睡眠をしっかりとり、現地時間に身体時間を慣れさせる?感じ。

ふ〜む、頭では分かるようですが、体験してみないと、その辛さは分からない。
これも、旅の醍醐味です☆

時差ボケ…。キツイですよね(~_~;)私もハワイ島ワイコロアへ友人の結婚式出席の為に行ったのですが夕方転た寝してしまって翌朝一回目覚ましで起きたものの止めて寝続けてしまい式に遅刻してしまった経験があります
ただ宿泊ホテル内での挙式だったのでなんとか大幅な遅刻は免れましたが…。


私の宿泊したヒルトンワイコロアビレッジは私の部屋からフロントまでは片道20分もかかり、ボートやモノレールもありますが時刻表通り来た試しがないので利用しませんでした。途中で乗り物に抜かれましたが…。日本人は数日間の滞在ですが欧米人は数週間滞在がほとんどでゆとりの差を感じました♪もっとゆっくり滞在できれば時差ボケも解消でき快適な滞在が可能なのに、と残念に思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブーツを買う | トップページ | ある機材を買う »