フォト

LINK

« プリンスエドワード島について語る | トップページ | カナダです »

2012年3月 5日 (月)

手帳、迷う

打ち合わせの後、30分時間を作り、ある文房具店へ。
またまたMOLESKINEの手帳をチェックします。
やっぱり、惹かれますね。う〜ん、どうしようかな。ゴムバンドの部分も、だんだんと目が慣れてきた(笑)
唯一引っ掛かるのは、モレスキンは多くの人が使っている、ということなんです。
他の手帳も物色してみましたが、モレスキンを見た後だと、ビニールカバーの手帳って随分と安っぽく感じます。それにモレスキンのような職人魂が感じられない。
似たような手帳で、LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)とZEQUENZ360(ジーケンス)がありました。
ロイヒトトゥルムには茶色があり、いいな、と思いましたが、紙質がイマイチのようか気がした。ジーケンスはすごく気に入りましたが、日本に入ってきているのは方眼だけ。残念ながら横罫はありませんでした。
よって、今日も手帳の購入は見送ります。
やっぱりモレスキンにしようかな。迷う……。
よく色々な人に、吉村さんはイタリアとかヨーロッパへしょっちゅう足を運んでいるんだから現地で買えばいいじゃん、と言われます。
でも僕が行くのは村なんです(笑)残念ながら文房具店はありません。

お知らせ
エアカナダフォトコンテストが始まりました。吉村が審査を行います。
最優秀賞はカナダ往復航空券(1組2名)。どしどしご応募ください!
詳細はこちら↓
http://www.bestshot-aircanada.com/

« プリンスエドワード島について語る | トップページ | カナダです »

コメント

私も鼻水基さんと同じ、トラベラーズノートを使っています。
吉村さん、なかなか良いですよ!
丸の内oazoの丸善で扱ってます。
http://www.midori-japan.co.jp/tr/

モレスキンを使う人が多いとお感じなら、なるべくやめたほうがいいと思います。
他人と違うことは大切ですよね。
ですので、私はiPhoneは買ってません。
1shopmobileなど海外の店から、日本にないスマホを買い、SIMは、ドコモやauなどではない、今話題の安いSIMにしています。

手帖で言えば、パスポートサイズの「トラベラーズノート」がお勧めです。
メインタイプは大きいですが、パスポートサイズは小さめです。
タイ製の革にこだわるなど、大変な個性がある一方で、マイナーですので、他人とかぶりません。

吉村さんや皆さんの手帳や買い物のお話
楽しく読ませていただきました。

私も紙の手帳使ってますが、吉村さんと違って
メモの部分が横罫になってるのは苦手です。
無地(白紙)が理想かな。

前にも一度書きましたが
吉村さん。手帳作ってください!
絶対購入したいです☆

話は変わり…
こちらで流れてるCMの中で、ある会社がPEIの映像を使ってCMを流してるんです。
それを見ると『吉村さんが生活した所なんだな~』っていつも思います。

もしかして、今あの風景の中にいるのかな?

一長一短の手帳選びにお悩みなんですね。お買い物はファーストインプレッションかな?と思うので迷いだしたら買わない方が良いかもしれません。私はちょっと吉村さんと違って、目的を決めずにとにかくお店に行って心にヒットした物があったら即買う方式なんです。目的を決めて行くと変な物を買う確率が高いんです。今日は検索してみて、ロイヒトのペンホルダーが良かったので今度ショップに見に行ってみますね!お探しの手帳、案外取材地の村にあったりして!それか、もうすでに購入されたかも知れませんね・・・・エンジョイしてください。

イタリアのモレスキン社の手帳、いいですよ~!さすがイタリアでオシャレな手帳です。イタリア旅行中に買いました。僕としてはおすすめ手帳です。自分専用はもちろん、贈り物としても喜ばれる品だと思います。

吉村サン、う~ん、モレスキンの手帳にかなり迷っているようですね。
あと一歩の決められない要素と購入してないけど惹かれる要素、さてさてどちらが勝るのかな。
きっとどちらを選択しても、OK!の範囲のお気持ちなのでしょう。

もう一つ大事なことは、その手帳を手にしてたくさん書きたい気持ちを感じるかどうか…という素朴な心でしょうか。
素敵な、心惹かれる手帳にめぐり会えるといいですね。

エアカナダファトコンテストは、「カナダに旅して撮影したお写真を、6月30日までにご応募して下さい」という内容、ふ~む(^^;)応募するまでも…ハードルが高い(笑)

ん…(ーー;)
Eが、ないですね…わたしのモレスキン…m(_ _)m
カナダ、お気をつけて取材して下さいね(*^^*)!

吉村さん、モレスキンの手帳きっと近いうちご購入されますね…。ここ数日、頭から離れないご様子だしあのゴムの部分も見慣れてしまえば気にならなくなりそうですしね。

私も買い物では迷います。まず衝動買いはしません。何回も通って勿論セールが近い時は待ちます。やっと決心がついて買いにいったら売り切れていたり、好きな色が無かったりでガッカリすることも多々あります買い物もタイミングなんですかね?

帰国後はまた文房具屋さんへ行かれるのでしょうか?

 買い物って悩み始めると、ほんと悩みます。今の私も同じです。長く使いたいと思うと、考え込んでしまう。そして選択肢が多いと、その難関さは倍増します。そういう時は、考えるのを止めてしまう私です。ま、悩んでいる時間も、買い物の楽しみでもあるのですが…
MOLESKIN、ネットを見ても、かなり拘って製造されている品物のようですね。なんと言っても歴史が感じられます。私の使用満足度も、高かったように記憶しています。時間を重ねるにつれ、だんだん厚みが増して来るのをゴムで押さえる感じです。吉村さんの達筆で満たされたMOLESKIN、素敵じゃないですか(*^^*)!万年筆の筆記もお似合いです。
きっと、吉村さんの愛着のある一品になると思います、私(#^.^#)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンスエドワード島について語る | トップページ | カナダです »