フォト

LINK

« 手帳、迷う | トップページ | カナダへ »

2012年3月 6日 (火)

カナダです

今、カナダを取材中です。
ブログは帰国後にまとめて更新します。
吉村和敏

お知らせ
長野県の朝日美術館で写真展を開催中。詳細はこちら

写真集『Shinshu』のご意見、ご感想はこちら

エア・カナダフォトコンテストはこちら

« 手帳、迷う | トップページ | カナダへ »

コメント

流氷接岸で今、オホーツクの大地と海は真っ白に繋がっています。遥か水平線の彼方まで流氷で埋め尽くされた風景は今日で六日目、滞在型?の流氷は近年ではすっかり珍しくなりました。毎年、流氷が沖に立ち去るときには旅人を見送る時のように、寂しさが混じった不思議な気持ちになります。
吉村さんも、流氷もロマン溢れる魅力的な旅人ですね・・

吉村サン、3月11日東日本大震災から1年、甚大な被害のあった沿岸の街に行き、手を合わせてきました。
ニュースでも伝わっているように、殆ど手付かずの状況に、落胆と被災された皆様の悲しみを強く感じています。

 帰宅して、封筒が届いていました。長野県栄村役場からです。

吉村さんのブログにて、3月12日「長野県北部地震」(家屋全壊 33棟、半壊~一部損壊 655棟で 村全世帯の93%の被害があったそうです。)があったことを知り、その後、栄村に小額ですが、募金いたしました。

その封書には、募金へのお礼と 「栄村からありがとう」と村民の皆様の絵手紙が入っていました。
「復興に向け、震災以前より住みよい村を計画していきます。」と書いていました。
なんとも言われぬ、体が震える位その悲しみと想いを強く感じました。
明日は、長野県北部地震から1年になります。

地震により被災されている皆様の状況に 共に寄り添い、早期復興と希望の光が見えます様にと 祈っております。
写真家 吉村和敏さんのご尽力にも、感謝しています。
この場をお借りして、コメントさせて頂きありがとうございました。

吉村サン、3月11日東日本大震災から1年、甚大な被害のあった沿岸の街に行き、手を合わせてきました。
ニュースでも伝わっているように、殆ど手付かずの状況に、落胆と被災された皆様の悲しみを強く感じています。

 帰宅して、封筒が届いていました。長野県栄村役場からです。

吉村さんのブログにて、3月12日「長野県北部地震」(家屋全壊 33棟、半壊~一部損壊 655棟で 村全世帯の93%の被害があったそうです。)があったことを知り、その後、栄村に小額ですが、募金いたしました。

その封書には、募金へのお礼と 「栄村からありがとう」と村民の皆様の絵手紙が入っていました。
「復興に向け、震災以前より住みよい村を計画していきます。」と書いていました。
なんとも言われぬ、体が震える位その悲しみと想いを強く感じました。
明日は、長野県北部地震から1年になります。

地震により被災されている皆様の状況に 共に寄り添い、早期復興と希望の光が見えます様にと 祈っております。
写真家 吉村和敏さんのご尽力にも、感謝しています。
この場をお借りして、コメントさせて頂きありがとうございました。

今日は、3月11日、東日本大震災から一年です。それぞれの思いがある日ですね。自分ごとで、落ち込んでましたが、知人がある、教会に連れて行ってくれました。震災のチャリティーコンサートがあり、そこの教会にいったら、プリンスエドワード島の中に出てくるような教会でした。みんながくつろげる所は、暖炉があり、家具も、アンの住んでいるような感じでした。牧師と奥様が、少しずつ作り上げてきた、アットホームな教会でした。知人の暖かさに感謝でした。先生の写真集を帰ってから、眺めてます。ほっとするひと時です。先生も、今は、愛する、カナダにいらっしゃるんですね。

吉村さん!
太陽フレアーの影響で世界中でオーロラが観測されているそうです。
吉村さんはカナダで見られましたか?

吉村サン、キャノンプレミアムアーカイブス「写真家たちの日本紀行」の春放送の予告の出演が載っていました。
ふかのすけさん、情報ありがとうございます。2回放送ですね。
4月28日の放送、楽しみです。
早速、私の紙の手帳に記入します。

そういえば、昨日の吉村サンのTwitterに 「手帳購入宣言!」 を呟いていました。
どんな手帳なのでしょう。

旅も3日目、素敵な風景にめぐり合えますように。
カナダの冬&春風景 楽しみです。

吉村さん、写真家たちの日本紀行に再び登場されるんですね。

さて旅先は・・・?

楽しみです。

吉村さん、Twitter見たのですがメカ音痴な私で返信の仕方が分からないのでブログにコメントします。

ケベックは大雨なのですね?ココ、関東も雨続きです。けどやっと梅が満開になりましたよ

さて空港で見つけたあの手帳ってあの手帳のことですよね?やはり気になっていらっしゃるのですね?帰国後は文房具店へ直行でしょうかでは気を付けて取材続けて下さいね!

こんにちは(^-^)
素早い行動にビックリしました!?
私は亀レスで申し訳ございません。
先日、映画でニューファンドランドの自然に感動した事がよみがえってきました。お天気が変わりやすく寒い感じが伝わってきましたが、カナダの様々な魅力が感じられ、奥深い国と改めて思いました。ラッセ監督の複雑な表現の中にも、温かさがあり感動しました。その広い国土のどちらなのかは全く予想できませんが、楽しくお過ごしくださいませ♪

吉村さん、いきなり旅立たれたのですね(笑)。この時期のカナダは、どんな景色なのでしょうね。私もいつか訪ねたいなぁ。
有意義なカナダ取材になりますよう、願っています。
体調にはお気をつけて下さいね

バンクーバーのはなです。モレスキン、カナダでも本屋(文房具やではなく、本屋)やアートサプライの店でおいています。日本とは多少、品ぞろえが違うようなので、チャンスがあればぜひ。

どなたかもコメントされていましたが、ティム・ホートンズ、カップのサイズが変わりました。「エクストラ」ラージが設定されました。恐らくスターバックスのヴェンティと同じようなサイズ、20オンス(約600㏄)だと思われます。ごくごく飲みにぴったりです!?

吉村サン、今年はカナダをテーマに 勢力的に取材されているご様子。
どんな風景が広がっているのでしょうか。
楽しみです。お気をつけて行ってらっしゃい(^^)v
旅のご無事とトキメク風景にめぐり合えますように☆

手帳の話をしてたかと思ったら(すみません・・私にはちんぷんかんぷんでした)
いつのまにカナダですかw(゚o゚)w
すごい瞬間移動∑(゚∇゚|||)
第二の故郷カナダを存分に撮ってきてください!!

承知致しました。カナダですね!?吉村さんが一番ホッと出来る国ですね気を付けて行ってらして下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手帳、迷う | トップページ | カナダへ »