フォト

LINK

« データのコピー | トップページ | 歩く »

2012年3月27日 (火)

スギ花粉

僕はスギ花粉症です。でも昨年あたりから随分と症状が軽くなり、今年も「本当に花粉が飛んでいるの?」といった感じです。3〜4年前を症状100%とすれば、今年は20%くらい。免疫が出来たのかもしれません。
先日眼科に行ったら、待合室にスギ花粉症に関するパンフがありました。そこには、スギ花粉は、目の痒み、鼻の詰まりだけでなく、喉の痛み、皮膚の痒みという症状も引き起こす、と書かれていました。そういえば、東京にいる時は何となく喉が痛い。もしかしたらスギ花粉が原因かも。
いずれにしても、僕は外出時、常にマスクをしています。インフルエンザや風邪の予防です。昨年の10月から1日も欠かしたことがない。だからマスク代は結構掛かります。
もちろん海外にいる時はマスクをしません。空港でも外しています。現地でマスクをしたら、危ない菌を持っている人、と誤解されてしまうからです。

« データのコピー | トップページ | 歩く »

コメント

急に暖かくなったり、強風になると花粉の存在感が増しますね~(^^;吉村さんは沢山マスクをお持ちなんですね!!私は、アレコレとマスクを試すのがけっこう好きです。洋服に合わせてピンクにしたり(^.^)花粉の季節もあと半分、鬱陶しいですが反対に楽しんじゃおぅ!!って思ってます♪

昨年の10月からずっと続けていらっしゃる効果の賜物かもしれないですね。

ある一定の量の花粉に達すると、アレルギーが引き起こされるのかもしれない…と思いました。

きょうの日中は、春の日光も気持ち良くて、町行く人々のなかにはマスク姿の方も多かったです。

街歩きのときには、花粉だけではなくて、排ガス等、さまざまな微粒子や紫外線などからも、マスクが少しずつ守ってくれているのかな、とかんじました。

今年は確かに花粉が少なくて例年よりは楽ですよね!
でも、去年の花粉量は相当多くて、ものすごく苦しみました。その去年ですら症状がたいしたことなかったということでしたら、本当に花粉症が改善してきてるのかもしれないですね。うらやましいです!
どうすれば改善できるのでしょうね。

スギ花粉症真っ只中の季節ですが今年はあまりひどくはないようですね。私の回りの花粉症の人達もあまりひどくないらしく静かです。

私の知人は年明けから予防薬を飲み春は外出を極力避けGW明けにやっと症状がおさまるとゆう半年弱がかりで花粉症と戦っています。

ところで私もアレルギー体質なのですが不思議と花粉症はないです。小さい頃は喘息とアトピーに悩まされまして大変な時期もありました。しかしアレルギーといっても世間ではあまり同情が無く『お大事に』と言われる程度なのは死に関わらない病気だからでしょうか?アレルギーは凄くしんどいですよ…私は心から同情しますし辛さが分かります(>_<)

マスク…風邪予防、アレルギー対策と最近はほんとにマスクをした人達をよく見かけるようになりましたね。海外でのマスクは菌保有者と疑われるとゆう話、私も聞いたことあります。

吉村サンにとって、春は花粉症でお辛い時期でもあったのですね。昨年、今年と緩和され、このままずっと落ち着いてくれると良いですが…。

少し、アレルギー体質ということもあると思いますが、これは食事療法や毎日のお風呂上りの皮膚へのケア、皮膚の油分を少し補ってあげる、スクワラン、バーユ(馬の脂)、ホホバオイル…など植物や動物など自然にある、化学性の添加物の入らないオイルを優しく薄く塗るだけでも、皮膚の痒みは軽減されると思います。

保湿によって、皮膚がバリアをはり、紫外線や埃、ウイルスから肌を守ってあげることができるようです。

そうゆう私も、春の花粉により「アレルギー結膜炎」になってしまう年があります(^^;)
ゴロゴロしたり、痒くて辛い、充血して眠くなる…等大変です。
今年は、花粉症がひどくならないことをお祈りします。

「マスク」についての解釈はそれぞれで、注意が必要ということですか。予防のためでもお客様の前では、逆に失礼になると感じ、はずします。

花粉症…今年、吉村さんは、通年よりも軽い症状のようで助かりましたね。
免疫が出来てくると症状も軽減されるのでしょうね。それにしても外出時には、マスクをずっと欠かさずにキッチリ装着する…吉村さんらしいですね(^^)
その効果も大なんでしょうね!
日本人のマスク姿は、だいぶ見慣れてきて当たり前の風景になりつつありますね。予防意識が高く、几帳面な国民性なのでしょうか。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« データのコピー | トップページ | 歩く »