フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

四国→東京

Ekl0advu0aawjyi 朝、徳島へ移動。11時20分発のフェリーに乗ります。東京港到着は翌日の朝6時。
車で高速を走って行くのと、料金はほぼ一緒になります。
船は、車一台+ドライバーだと、ネット割りで約3.2万円。車は、高速代がETC割で約1.8万円(休日1.3万円)+ホテル(0.7万円)+ガソリン代(0.8万円)で約3.3万円。ただし、車中泊をすることによってホテル代を浮かせることも可能です。
車の運転が好きなので、新東名を走りたくて仕方なかったのですが、今回フェリーにしたのは、船内で仕事をしたかったからです。とにかくやらなければいけないことが山積み。
帰りのフェリーの乗客は50人くらいでした。ラウンジはポツポツ。皆さん寝るのが早く、9時は部屋に戻り、ベッドに入っていました。それでも荷室は大型トレーラーや新車&中古車で満杯なので、船会社は十分利益が出ているのでしょう。
今のフェリーはビジネスホテル並みです。浴場もトイレもラウンジもモダンで綺麗。寝る部屋は共同ですが、ベッドはボックス型なので、カーテンを閉めればプライベート空間は生まれます。個室もあります。携帯の電波は繋がりますが、陸地から遠く離れてしまう三重県沖だけダメでした。
今回、取材が3週間に及び、なおかつ荷物が30個を超えたので、車での移動になりましたが、やはりお勧めは飛行機です。前割だと片道約1万円だし、東京から1時間半で目的地です。車や船と比べたら瞬間移動に近い。来年は四国に何度も足を運ぶと思いますが、次回から飛行機にします。

2019年11月29日 (金)

寒い朝

今朝、四国は今年一番の冷え込みでした。
車に乗ると同時にヒーターをONにします。確か先週は冷房をつけて走っていました。気温の変化が激しいです。

車との付き合いは30年以上になりますが、先日、エアコンの仕組みを理解しました。
ヒーターの時は、「A/C」ボタンはOFFです。ONにすると冷却時と除湿時に使われるコンプレッサーが作動し、燃費が悪くなります。窓ガラスの曇りを取る時は、自動的にA/CボタンがONになるのはそのためです。曇りが取れたら手動でOFFにする。
迷うのは「内気循環」か「外気導入」か。調べてみたら、ヒーターは内気でした。でも時々、外気にして外の空気を取り入れた方がいいようです。眠気や窓の曇り防止になるとか。

国内取材は今日が最終日。明日、東京に戻ります。今、色がぼやけるくらい車が汚れているので、帰ったらまずは洗車ですね。

2019年11月28日 (木)

ファミレス

朝から夕方まで雨でした。
夕方、撮影を終え、ホテルに戻ります。
近くにコンビニと牛丼屋がありますが、さすがに飽きてきたので、10分ほど歩き、ファミレスに行きました。
テーブにつき、メニューを見たら、好みの料理がありません。そこで、「やっぱりやめます」と言って外に出ました。
この行動、海外のレストランではよく見られる光景ですが、日本では普通じゃなかったかも。少し反省しました。
日本人は、いったん席に着いたら、たとえ食べたい料理がなくても、席に案内してもらった以上諦め、無理してでもオーダーし、食べるはずです。
30年前カナダにはじめて住んだとき、「カズは日本人だからいつも物事をはっきり言わない」とよく友達のアーサーに怒られました。
行きたくなければ行かなくていいし、食べたくなければ食べなくていい。カナダでは自分の意見をはっきり相手に伝えなきゃだめだ、と。
半年くらいしたら「Yes」「No」がはっきり言えるようになりましたが、日本に戻ったら、また日本人特有の曖昧表現に戻ってしまった。
ヨーロッパのホテルは、チェックインの際、まず部屋を見せてくれます。気に入ったら宿泊して、という意味です。
僕の場合、ホテルに入る時はクタクタに疲れているので、いつも部屋をチラッと見ただけで「はいこの部屋でいいです」と伝えています。たとえイマイチの部屋でも、「この部屋はいやだ。変更して」と言えないのは、日本人だからなのかもしれません。

 

 

2019年11月26日 (火)

貴重な晴れ

どんよりした曇り空。
朝、撮影ポイントに行き、3時間ほど車の中で待機。
Img_20191126_124136 10時半、雲が流れ、青空が広がりました。逆光ですが、数カット撮影します。
20キロほど峠道を下ります。ある風景にときめき、路肩に車を停めて、シャッターを切りました。
写真を撮っていると、よく道行く車が停車し、同じように写真を撮りはじめます。誰もが、写真家が写真を撮っている場所は「いい風景だ」と思い込むようです。これは海外でもそう。いつも数台の車が停まる。
僕の場合、必ず路肩の広い場所、つまり車道にはみ出ないように車を停めます。しかしその広いスペースが一台分しかない場合、他の車は車道に車を停めることになる。何故かおじさんたちは気にしないのです。
峠道は車やトラックがビュンビュン走っている。この場で事故が起きたらどうしよう……と気になって仕方がない。だから数台車が溜まってしまったら、そそくさと撮影を切り上げ、その場から移動するのです。

あと、長い下り坂で写真を撮っていて気になるのは、多くの車がブレーキを使い過ぎていること。10台に1台は、通過と同時にブレーキが激しく焼けているニオイがする。特に「わ」ナンバーの車の運転は粗いです。この状態であと15キロも急な坂道を走って大丈夫だろうか……と心配になってしまう。
坂道ではブレーキを使い過ぎないこと、と教習所で習ったはずですが。
いずれにしても、この峠道には緊急避難所(砂の坂道)が5箇所もありました。

青空は儚く、14時頃から雲が広がりはじめました。夕方はどんよりした曇り空になります。
それでも頑張って撮影を続け、夜、真っ暗な夜道を走ってフェリー乗り場へ移動。フェリーに乗って四国のある街へ移動しました。

ビジネスホテルにチェックイン。
毎日寝る場所が違うのに熟睡できるのか? とよく質問されます。
はい、出来ます。ホテルの部屋に入った途端、我が家になるのです。
ホテル暮らしがシンドイな、と感じるのは、最初の荷物の移動です。チェックインの後、車から部屋に荷物を移動するだけでいつも7往復です。
食事や大浴場に行くときに3つ荷物を持つなどして、いつも4〜5往復で済むように工夫しています。
まずはベッドの上にすべての荷物を並べた後、15分ほど掛けて荷物整理を行います。
Img_20191126_202100 

 

 

2019年11月25日 (月)

曇り、雨

朝から曇り空。黒い雲に覆われたどんよりした曇り空なので、写真向きではありません。
朝、撮影ポイントに行き、さて今日はどうしよう、と考えます。
ロケハンを兼ね、大自然の中のトレイルを歩くことにしました。案内板には、「サル、イノシシ、マムシに注意」と書かれています。
今年は2回もマムシと出会っています。また対面するかなと思ったら、今日は大きなサルでした。目の前をゆっくり歩いて行った。
夕方3時を過ぎると辺りは暗くなり、雨が降りはじめました。大急ぎで車に戻ります。明日、晴れるといいのですが……。

20191125-225030 夜、巨大スーパーへ。瀬戸内はお寿司が安い。このパックが498円。18時を過ぎると表示価格から20%オフです。東京だと800円はする。
お菓子売り場も凄いことになっている。こんな光景、見たことがありません。
何でも地方にはかなわない。東京はたくさんの人がいて、たくさんの企業があり、仕事をするにはいいかもしれませんが、生活レベルで考えると、地方の方が何倍も上です
地方を旅していると、よく写真スタジオを目にします。洋風建築の洒落た建物で、中には大きなスタジオがあり、壁には七五三や結婚式のポートレート写真、店主が撮った風景写真がたくさん飾られている。
おそらく、親の写真店を息子さんが引き継いで改装してお洒落な店にした、というケースだと思いますが、このような地域密着型が、これからの写真家には大切になってくるのかもしれません。
地方を旅し、素晴らしい写真スタジオを見るたびに、いつかまた個人ギャラリーを持ちたいという夢を描きます。

2019年11月24日 (日)

スジャータのアイスクリーム

6時間ほど熟睡したのですが、疲れが取れませんでした。
今日は移動日です。
新幹線のホームにファミマがあったので、コーヒーを飲みます。新しいマシーンになってから、コーヒーが劇的に美味しくなりました。
コンビニのコーヒーで美味しいのはセブンだけでしたが、近頃はファミマのコーヒーも好んで飲んでいます。もしかしたら、セブンよりも美味しいかもしれない。
新幹線での移動中も怠くて、眠くて仕方ない。パソコン仕事をしたくない病にかかっています。
Ekgp7q3xsaybcgi車内販売が来たので、スジャータのアイスクリームを食べました。新幹線に乗ると、必ず買う。
期間限定味もあるとのことでしたが、いつものバニラにします。チョコでもお菓子でも、期間限定商品は苦手です。美味しくない。
アイスを食べたら、少し元気が出ました。
ANAの国際線ではハーゲンダッツのバニラアイスが出るのですが、その度に元気をもらっています。

自分の車をピックアップした後、フェリーに乗って瀬戸内海のある島へ渡りました。
船内の売店に「パイの実」がありました。ただし〈深みショコラ〉という初めて目にするパイの実です。
パイの実も、期間限定味はどれもイマイチです。すごく迷ったのですが、〈深みショコラ〉を買ってみました。これは美味しかった。普通のパイの実より、こっちの方が好みかもしれません。
ちなみにパイの実は、吉村のお菓子ランキングNo1です。この世に、これを越えるお菓子はないです。

到着後、旅館へ。
今、どのビジネスホテルにも温泉があります。もちろん旅館や民宿にもある。
今日は夜になっても疲れが取れなかったので、温泉に入ってから寝ることにしました。
温泉成分は、合う合わないがあります。合う温泉は、翌日肌がツルツルです。合わない温泉は、翌日肌あれを起こしている。稀に体調が悪くなることもある。
この島の温泉は、1週間前、自分に合うことがわかりました。だから今日も寝る前に入ったのです。
よく、水が合う合わないと言いますが、そのこと、よーくわかります。水が合うところで暮らすのが、本当の幸せかもしれません。

2019年11月23日 (土)

熊本でトークショー

神戸港からカーフェリーで宮崎に入ることも考えたのですが、結局、新幹線での移動にしました。
岡山から九州新幹線さくらに乗って熊本へ。指定席のシートは2×2なので超快適です。
明日の講演会用のパワーポイントのファイル(2ギガ)はクラウドに入っています。車内Wi-Fiでダウンロードしようとしたら、途中で回線が途切れ、うまくいきませんでした。どうしようどうしよう…と焦りましたが、夜、ホテルのWi-Fiでどうにか全データをパソコンに落とすことに成功。

Img_20191123_1644331 翌日、阿蘇白水郷美術館へ。13時からトークショーがはじまります。50人くらいかなと思ったら、100人を超えるお客さんが訪れました。2部は40人くらい。フォトエッセイ集「朝の光とともに〜」は20冊も売れました。ありがとうございます。
写真展「MORNING LIGHT」は12月22日まで続きまず。是非お立ち寄りください。

終了後、地元の学校の先生にホテルまで送ってもらいます。フィットの走行距離は18万キロでした。そう言えば館長の車も20万キロを越えていた。
そう、車を通勤で使っている方は、すぐに10万キロを終えてしまうのです。僕の場合、1年でせいぜい1万キロくらい。この走行距離がいかに少ないかを身に染みて感じました。

やはり1日2回のトークは疲れます。ホテルの部屋に入ったら、珍しく9時に寝てしまいました。
翌朝、早起きをして熊本駅へ。九州新幹線みずほで岡山へ。在来線に乗り替え、瀬戸内の大きな街へ。自分の車をピックアップした後、カーフェリーに乗ってある島に入りました。明日から撮影に戻ります。

2019年11月20日 (水)

素晴らしいホテル

Img_20191120_111210 瀬戸内海である風景と対峙し、「日本は美しいなあ〜」と感動します。
30年前、写真家になりたくてカナダへ旅立ちました。何故かというと、日本の風景は撮っている写真家がたくさんいたからです。
でもこうして国内を旅をしてみると、まだテーマは山ほどありますね。あの時、日本の旅をしたとしても、写真家になれたのかも。

今日は晴れですが、雲が多い晴れでした。雲があると太陽が出たり入ったり。よって、1枚を撮るのに時間が掛かります。
大きな雲がなかなか流れず、一枚の風景写真を撮るのに2時間も掛かりました。寒さ凍えながらずっと待機していた。
逆に雲一つない快晴の青空だと、撮影にすぐに終わります。いつも現場を5分で立ち去る(笑)

夕方、大きな街へ移動しました。
数百あるホテルはどこも予約でいっぱい。そこで、車で30分の郊外にあるホテルを予約したのですが、この宿は超アタリでした。
道の駅に併設する古い感じのホテルかと思ったら、近年建てられた真新しいホテルだったのです。重厚感ある部屋は素晴らしく、街中の高級ホテルと一緒です。おそらく街中だったら一泊2.5〜3万円はする。ちなみにここは一泊8000です。
やはり宿泊施設は、アタリかハズレか、実際来てみないとわかりませんね。ホームページを見ただけではわからない。街中のホテルの写真に何度騙されたことか。
いつかまたこの街を再訪するときは、絶対にこのホテルにする。100軒で1つあるかないかの素晴らしいホテルです。  

 

2019年11月19日 (火)

旅を楽しむコツ

低気圧が過ぎ去り晴れの予報でしたが、朝からどんよりした曇り空。
17時頃まで各地を巡りましたが、太陽が顔を出すことは一度もありませんでした。

Img_20191119_19490718時頃、昨日予約した観光ホテルへ。今日は街中のどのビジネスホテルも満室。ようやく探し出した宿です。
海沿いにある大きな建物で、いかにも昭和って感じのホテルです。部屋は畳ですが、エアコン、液晶テレビ、ウオッシュレットがあり、設備はまったく問題なし。もちろん夕食と温泉も素晴らしい。これで1泊1万円以下というのが信じられません。
でも昔の観光ホテルや老舗旅館は、継続していくのが大変みたいです。このホテルも来年営業を終えるという案内が書かれていました。

食堂で美味しい和食を頂きながら、
〈日本国内の旅を心から楽しむコツは、脱チェーン店ではないだろうか……〉
と、ふと考えます。
そう、自宅を出たら、チェーン店は絶対に使わない!という強い意志を持って旅をするのです。食事は必ずローカルなお店に入り、泊まるところは民宿かペンション、観光ホテルか旅館にする。もちろんコンビニに立ち寄っても、自動販売機で飲み物を買ってもダメ。すべてをローカルなお店に切り替えてしまうのです。
そんな拘りの旅を2〜3週間続けていると、本当の日本の素晴らしさが見てくるような気がします。
僕の場合は、写真がメインの旅なので、食事も宿泊も連日チェーン店で問題ありません。でも写真抜き、つまり純粋な旅をするときは、「脱チェーン店」の旅をしようと考えています。

海外の旅、特にヨーロッパは、普通に旅をしていても「脱チェーン店」の旅になるのです。なぜならチェーン店が少ないから(笑)ヨーロッパの村では、まだ一度もチェーン店を見掛けたことはありません。食事、宿泊、買い物は、必然的にすべてがローカルになります。
どこに行ってもチェーン店だけですべてが完結してしまうのは、おそらく世界の中で日本だけです。

2019年11月18日 (月)

季節外れの桜

朝起きてまずやることは、その日のホテル探しです。
今日と明後日のホテルはどうにか取れたのですが、明日のホテルに空きがない。この町には数百のビジネスホテルがあるのですが、すべて満室でした。
チェックアウトのときフロントで、「明日、何かあるんですか?」と尋ねてみました。
海沿いにある巨大プラント工場で大規模なメンテナンス工事がある。そのため、全国から業者さんが集結している、とのこと。
「今の時代、とにかくホテルが不足しているのです。来年は3つのビジネスホテルがOPENするので、だいぶ解消されるとは思うのですが……」と支配人さん。
で、ビジネスホテルは諦め、旅館で検索してみます。60キロ先の宿で空き部屋を発見。電話したらすんなり取ることができました。

今日は海でなく、山へ行きました。車が1台通るのがやっとの細い道を30分ほど走り、ある名所へ。
やはり車はマニュアル車だよな、と山道を走るたびに思います。エンジンブレーキが使えるので、メリハリの効いた運転ができる。坂道もグングン登っていく。5年後、また車を乗り換えると思いますが、次も6MTにします。各メーカーさん、お願いですからMT車をつくり続けてください。
ヨーロッパは、まだ多くがMT車です。なぜなら、オートマ車より優れているから。運転が楽しいから。 

Img_20191118_123825 山では季節外れの桜が咲いていました。
日中は暑いので、カーエアコンをONにしています。

瀬戸内は自転車天国です。見ていたら、だんだんとEバイクが欲しくなってきました。電動アシスト自転車はときめきませんが、Eバイクは激しくときめく。
今後、Eバイクのブームが絶対に来ると思う。まだ1台30万くらいしますが、ブームになり、10万円代に落ちたら買ってしまうかも。

天候が崩れてきたので、夕方早めにビジネスホテルにチェックイン。
部屋がタバコ臭かったので、変えてもらいました。時々、禁煙ルームでもタバコを吸う悪いヤツがいるのです。
ビジネスホテルはすべて禁煙ルームにすればいいのにな、といつも思います。何故ビジネスホテルチェーンは全室禁煙に踏み出せないのか、全く不思議。

近くに3軒のラーメン屋がありました。ラーメンだけは外したくないので、いつもお店選びは慎重に行っています。
迷った末、一番奥にあるラーメン屋に入ってみました。個性ある味だったけど、何かが違う。自分には合いませんでした。

2019年11月17日 (日)

100円ショップ

フェリーに乗って島を出て、高速を1時間ほど走ってある県のある場所へ移動しました。
80キロ程走り、撮影を行います。

夕方街に出て、ホテル探し。今日は日曜日なので、どのビジネスホテルも空いています。
ホテルが決まると食事に出掛けるのですが、大体近場に、コンビニかファミレスか松屋などのチェーン店があります。
周りにイオンモール、家電量販店、書店があると、食事の前に必ず全てのショップに立ち寄り、店内をチェックします。好奇心旺盛なのです。
100円ショップがあったので、入ってみました。東京の4倍はありますね。地方は何でも凄いです。東京で暮らす人からすれば、ホント、羨ましい。
「えっ、これが100円なのか。確かホームセンターで700円はしたぞ」と、軽いショックを受けながら店内を回り、600円分の買い物をしました。
今回、六角レンチを忘れてきたので、早速買いました。使っていると三脚のネジが緩んでくるのです。取材時、六角レンチは常に必要としています。
Img_20191117_174526

2019年11月16日 (土)

忘れ物

今日はよく歩いたので、クタクタに疲れました。
荷物を30個くらい持ってきても、必ず忘れ物をします。
写真関係では、フィルターのステップアップリングを忘れました。仕方ないので、プレートフィルターは手持ちで使います。
生活関係では、ヒートテックを忘れました。家に何十着もあったのですが……。
仕方ないので、朝方、カッパを履いて山歩きをした。凍えるほど寒かったのです。
この島にはユニクロがありません。夜、しまむらに立ち寄り、ヒートテックのようなものを買いました。
近くに巨大スーパーがありました。東京のスーパーの3倍はあります。弁当やワインの豊富な品揃え、見ていて楽しかった。
東京より地方の方が暮らしは遥かに豊かです。地方で暮らす多くの人が、そのことに気づいていない。東京は、住宅も狭いし、お店も狭いです。そして多くの人が車を持っていません。
宿に戻りました。そのとき「あっ」と気づきます。「ワンプッシュ蚊取り」を買うのを忘れた。
案の定、今日も蚊と戦いました。ビジネスホテルは白壁なので簡単に蚊を見つけて退治できますが、和室は難しいのです。どうしても蚊との隠れん坊に勝てません。

2019年11月15日 (金)

旅館

13時半、徳島港に到着します。
その日の夕方、別のフェリーに乗り換え、瀬戸内海のある島へ渡りました。
今、秋の観光シーズンです。2週間前、各ホテルや民宿に電話をしまくりましたが、どこも空き部屋がありませんでした。
一軒、旅館で、「狭くてもよければ」という条件付きで部屋を用意してくれることになりました。
部屋は6畳の和室、小さなユニットバスがあります。昭和の宿って感じです。おそらく、観光バスのドライバーさん用の部屋ですね。
旅館なので、食事と温泉がつきます。どちらも満足でしたが、問題は「蚊」でした。部屋に一匹の蚊がいたため、2時間も格闘した。結局見つけることが出来ず、夜は「プ〜ン」という音を我慢して眠った。今日に限って「ワンプッシュ蚊取り」を持ってこなかったのです。
年間150日ホテルに泊まるとして、うち20〜30軒で蚊との戦いがあります。特にヨーロッパやカナダの安宿は蚊が多い。
今の時代、旅に必要なものは「ワンプッシュ蚊取り」と「日焼け止めクリーム」です。

2019年11月14日 (木)

移動

国内取材です。
今回は3週間と長いため、荷物が30個を越えてしまいました。やはりこの車にもルーフボックスを取り付けないとダメですね。
夕方、東京湾へ移動。行き先は四国ですが、今回はフェリーにしました。フェリーだと船内でじっくり仕事ができます。
18時半から入船が始まります。一般車両は20台ほど。あとはトレーラーの荷台と、輸入車の無人輸送です。船内には中古車もたくさん停まっていました。
今日は自衛隊員がたくさん乗っていた。災害派遣の帰りでしょう。
高校生の頃、自衛隊は何度も誘いがありました。確か同級生で3〜4人、自衛隊に入ったと記憶している。自衛隊員も旅が多そうですね。

徳島行きのフェリーに乗るのは10年ぶりです。確か前回は「Sense of Japan」の撮影で日本中を巡っているときだった。
船は新しくなっていました。まるでホテルのようです。食事は自動販売機ですが、冷凍食品は充実しています。ビビンバ丼と天ぷらそばを食べ、夜はアイスクリームをデザートとしました。
相部屋ですが、各ベッドにカーテンがついているので、プライベート空間となります。翌朝は早起きしなくていいという安心感からか、9時まで寝てしまいました。つまり9時間も熟睡していたことになる。こんなに寝るのは何年ぶりだろう。

国内を取材中

国内を取材中です。(瀬戸内にいます)
時々、スマホで撮影した写真や動画を、TwitterInstagramにアップします。
今回の旅は約3週間と長く、東京に戻るのは12月初旬です。
11月23日(土)、熊本阿蘇白水郷美術館で行われる講演会は、予定通りです。吉村は、瀬戸内から新幹線に乗って熊本入りします。是非お立ち寄りください。
吉村和敏

2019年11月13日 (水)

出発準備 SSDを買う

仕事の打ち合わせの合間に取材準備をしなければならないので、何かと大変です。
1時間でもフリータイムが生まれると、喫茶店で原稿の直しをしたり、量販店に立ち寄り買い物をしたりしています。
旅ではいつもバックアップ用のコンパクトハードディスクを持っていくのですが、今回初めてSSDを買ってみました。SSDの価格がかなり下がってきたからです。今後、少しずつSSDに切り替えていきます。
ちなみに今日ヨドバシカメラで買ったのは、ウエスタンデジタルのMy Passport SSD(500ギガ)です。9870円で10%ポイントでした。
ちなみに、旅に衣類はほとんど持っていきません。特に国内の場合は、取材先で買おう、という感じになっています。今回もユニクロかイオンに何度か立ち寄るでしょう。

2019年11月12日 (火)

作品額

ポツポツ作品額の注文を頂いているのですが、なかなか制作の時間が取れずにいます。本当に申し訳ありません。
今日、5月の写真展会場で頂いた半切サイズ4点の制作が終わり、無事に出荷することができました。
必ず制作をしますので、もうしばらくお待ちください。
オルゴール館内にある清里フォトギャラリーにある作品額は、冬の間、ネットで注文を受けられるようにします。スタートは1月くらいになると思います。(ポツポツ売れており、在庫が少なくなっています。今、夏の時期の2/3くらいです)
あと、水害で以前購入した作品額がダメになってしまった、という連絡も入っています。この件に関しても、お気軽にご相談ください。

2019年11月11日 (月)

「Amazon Choice」がつきました!

71dvnmr26xl_sl1181_ 今の時代、紙媒体は大変厳しいです。でも紙媒体を求めている方々もいます。
頑張って紙の写真集やカレンダーを作り続けているのですが、正直言って、年々販売部数が落ちているのも事実です。
吉村和敏オリジナルカレンダー「Seasons of Splendor」、今日Amazonを見たら、「Amazon Choice」のマークが付いていました! とてもとても嬉しいです。好意的なコメントを書いてくれた方、星をつけてくれた方、Amazonのページにアクセスしてくれた方のお陰です。心より感謝いたします。ありがとうございました。
「Amazon Choice」がつくだけで、2〜3部しか動かなかったものが、突然10〜15部くらい動くようになるのです。「Amazon Choice」がつくというのは凄いことなのです。

2019年11月10日 (日)

清里へ

お昼頃、清里「萌木の村」に立ち寄ります。
第3駐車場に数百台のスバル車。調べてみたら、WRXオーナーズミーティングでした。スバルは好きな自動車メーカーなので、ついつい立ち止まってスマホで写真を撮ってしまいます。
ちなみに今の愛車はマツダです。スバルのフォレスターは、ターボや6MTの製造をやめてしまったので、2回目の車検を機に手放しました。とにかく燃費のいい車が欲しかったのです。

Img_20191110_125113 清里の秋はそろそろ終わりです。木々の葉は落葉をはじめていました。
12月、オルゴール館内で行われる「クリスマスツリー」の上映会の詳細は、今月中に発表できると思います。
清里と関わり合うようになってから、3年の月日が流れようとしています。月日の流れは本当に早い。
もう一生無理かもしれませんが、それでもいつかまた自分のギャラリーを持ちたいという夢はあります。ギャラリー兼工房という形にし、そこで作品の制作や原稿書きが出来るような環境を整えたい。
ギャラリーを始める前、北海道から九州まで、日本各地にあるたくさんの個人ギャラリーを見学しました。
今だから正直に書きますが、門司港にある「わたせせいぞうギャラリー」が、自分の描いていたイメージに最も近かったです。作品発表の場でもあり、数々のグッズを買えるショップでもある。入場料100円というのもよく考えられていると思う。とにかくこのギャラリーに一歩足を踏み入れると、わたせ氏の世界にとっぷりと浸かることができるのです。
とても素晴らしい個人ギャラリーなので、門司を訪れた際は是非お立ち寄りください。

2019年11月 9日 (土)

不要品を処分する

14時間分くらいの原稿チェックの仕事があったので、思い切って松本へ移動。
深夜の高速はガラガラなので、6MTの走りを楽しむ感じで車を走らせれば東京から3時間で着きます。
デスクワークに一段落ついた夕方、リサイクルショップに足を運びました。
Img_20191109_171642 東京で使っていないものを16品、売りました。どれも50〜100円、服は30円平均ですが、今日最も高値がついたのが、Wi-Fiルーターでした。2000円です。
不要品はメルカリで売るのがベストです。しかし、それをやっている時間が取れません。東京にいる時は、梱包し、郵便局に行く時間すら惜しいのです。
これからも、不要品はどんどん手放していきます。我が家に数千冊あった本も、今は50冊以下になりました。

リサイクルショップの店頭に並んだ商品はすぐに売れてしまいます。清里のギャラリーで使っていたテーブルや椅子は、もうありませんでした。夏に出したポータブルカーナビとプリンターも売れていた。
今は誰が使っているんだろう……と想像するだけでも楽しいです。

2019年11月 8日 (金)

スマホが全てを変えてしまった

企業の中間決算の時期。カメラ業界は暗いニュースばかりですね。
カメラ業界に元気がないのは、色々な要因が考えられますが、やはりスマホが台頭してきたことが大きいでしょう。まさかスマホのカメラがこれほどまでよくなるとは思ってもみませんでした。
海外の観光地に行っても、観光客のほぼ全員がスマホで記念写真を撮っています。iPhoneで仕事をしているプロも増えている。カナダを取材中、iPhoneでファッション写真を撮っている現場を見た時は、さすがにショックを受けました。スマホの方が、臨場感ある面白い作品が生まれるのだとか。

カメラ業界に元気がないと、プロも大変になります。実は今、写真から足を洗い、転職するプロがポツポツ出はじめています。とても悲しいことです。
僕の場合、写真業界というより、出版の世界で生きてきた人間です。本を作ったり、観光パンフレットの仕事をしたり、文章を書いたり、講演をしたりと、これから先も工夫して生きていけると思う。
個人ギャラリーに関しては、結果としてうまくいきませんでしたが、うまくいかせる方法はわかっています。次は必ず成功させる。

写真家だけに限らず、ライターやデザイナーなど、フリーランスが集まって飲むときは決まって「老後はどうする?」という話になります。写真展の会場にいるとき、「吉村さんは、いつも自由でいいですね。でも老後はどうするの?」と心配してくる年配の方が何人もいます。
国民年金だと月数万円しかもらえず、今の日本の状況だと、それすらも出るかどうかわからない。確かにフリーランスの老後は茨の道ですが、僕は楽観主義者なので、「70才を過ぎても何とかなるさ」という軽い気持ちで生きています。だから「自由」なライフスタイルを続けていられるのでしょう。「今」を輝かせていけば、先のことなんかどうでもいいのです。「今」が楽しいです。

よく、「人生一度きりなので後悔しない生き方をしたい。好きなことをやるために仕事を辞めます」と、大企業や公務員を蹴って、フリーになる人がいます。20〜30代だったらいいと思いますが、40を過ぎるとさすがに無理があると思う。定年までしっかり勤め上げ、退職金をもらい、月何十万の年金をもらえるようになってからフリーになった方が絶対にいい。
ここ数年、早期退職で第2の人生に進む知り合いや同級生が増えてきました。法人化して起業する人も多い。いい額の退職金をもらっているので、みんなどこか心にゆとりがある。頑張ってもらいたいです。 

2019年11月 7日 (木)

プラン変更

今日もひたすらRAWデータの現像。現像は、ホント大変です。特にスペインの本は写真点数が多いので、時間がいくらあっても足りません。

スマホは当然デュアルスタンバイ。一つはdocomoの回線です。
格安simがメインでも、docomoを解約しない理由は、海外を旅することが多いからです。
海外では、docomoauSoftBankでないとダメ。格安simはまだまだ不安定です。時々電波を拾わない国、地域があります。その点大手3社は、ローミングがしっかりしており、国境を越えると必ずsnsが届くし、時にテロなどの危険情報も届きます。海外にいる時の通話も全く問題ありません。スペインやカナダ国内でもどんどん使いました。

docomoは通話だけのプランなので、月900円です。
ここ数年旅が多く、アポ取りやホテルなどの予約で携帯を使うことが多くあります。5分通話無料プランを新たに加えようと、夕方、ドコモショップに立ち寄ってみました。
何と、通話だけの新規契約は今年5月で終了していました。今はギガホかギガライトのデータプランを契約する形でないと、5分無料通話とかけ放題をプラスすることが出来ないようです。
もちろん今の月900円の契約は継続できます。一度解約するとアウトなので、今後も大切にしていこうと思いました。

2019年11月 6日 (水)

伝える

打ち合わせでよく行く会社の1階に小さな写真ギャラリーがあります。行く度に立ち寄るようにしているのですが、今日は10名くらいのプロ・アマのポートフォリオ展を開催していました。
テーブルの上にはアルバムが置かれていたので、一通りチェックしてみました。
皆さん、写真が上手いですね。でも面白いことに、作品から何かが伝わってくる人と、伝わってこない人がいるのです。
スタジオで人物を撮影している人は、すごく上手かった。でも写真から何も伝わってきませんでした。日常を捉えた何気ないスナップ写真がありました。下手でしたが、それらの作品からは何かが伝わってきました。
人に「伝える」ことは難しいです。故意に伝えようすると、逆に伝わらない。被写体が好きで好きでたまらない。たまたま写真を撮ってみた。そんな感じで生み出された写真が、伝える力を持っていたりもします。
フォトコンテストの審査をすることが多いのですが、近年、スマホカメラの普及で、若者の写真がたくさん集まるようになっています。
審査の過程で、たとえ写真の技術力が低くても、伝える力がある写真は、上位に持ってくるようにしています。時にベテランのアマチュアの方から、「何でこんな写真が銀賞なんだ!」と批判が出たりもしますが、そんなのは関係ない。なぜなら、フォトコンテストと言えども「伝える力」が大切だと思っているからです。

2019年11月 5日 (火)

つぶやき

東京にいる時は1日が貴重です。今、とにかく時間がありません。
今日はクレジットカード支払いの日なのに、銀行に行くのを忘れていました。
取材はすべてカード支払いなので、毎月凄まじい額が口座から落ちていくのです。
8時45分に行って入金すれば間に合うと思ったら、すでに落ちていました(笑)
自動引き落としの仕組みって、どうなっているんでしょね。深夜0時に引き落とされるのかな。

テレビは時々NHKのニュースを見る程度です。テレビドラマはここ数年見ていない。15年前に「白い巨塔」を、5年ほど前に「半沢直樹」を見たのが最後でした。
でもこんな僕でも、たまにテレビの出演依頼が来るのです。専門分野でない、海外取材中、という理由でお断りしているのですが、タイミングが合えば受けるつもりでいます。

空港での待ち時間では、YouTube動画をよく見ます。実は5つほどチャンネル登録をしています。
先日、空港で6時間潰したとき、中川家の漫才を片っ端から見て、一人で笑っていました。中川家は天才、本当の芸人さんだと思う。
車の評論は、完全にYouTubeになってしまいましたね。今後、紙の車雑誌は厳しくなっていくでしょう。
カメラの評論は、アマチュアやYouTuberの方々がやっているだけで、まだプロはやっていません。メーカーとの繋がりで、なかなかやりにくい面があるのでしょう。でもゆくゆくはYouTubeになっていくと思います。
吉村のYouTubeチャンネルはあと数年お待ちください。 必ず作ります。 

2019年11月 4日 (月)

RAWデータを現像し、本来の色を出していく

スペインの本、いよいよRAWデータの現像が始まりました。朝から晩まで、1日18時間パソコンに向かって作業をしています。
20191105-205722 ご覧のように、RAWは全く色が出ていません。(左がRAW、右が現像済みのTIFFです)
現像により、本来持つべき色と雰囲気を出していくのです。シャドーやハイライト部分を出し過ぎてしまうと、デジタルっぽい写真になります。その加減が難しいのです。

また来週から3週間の旅です。あと1週間ですべての現像が終わるだろうか……。今、1分1秒が欲しいです。

2019年11月 3日 (日)

「クリスマスツリー」の上映会

Amazonで最も多く買っている本は、自分の写真集です。仕事場に見本1冊は置くようにしているのですが、貸し出したり、あげたりして、その見本はあったりなかったり。
「クリスマスツリー」も本棚に見当たらなかったので、すぐにAmazonでポチりました。さっき届いた。

来月、清里「萌木の村」のオルゴール館で行われるクリスマスの演奏会に、「クリスマスツリー」の写真が上映されるようです。
詳細がわかり次第、ブログとTwitterでお知らせします。
Img_20191103_210032

2019年11月 2日 (土)

スマホ、もう少し様子を見ます

123_20191102232601 やはりOPPOのReno Aは売れまくっているみたいですね。Androidスマホの売上1位に躍り出たし、ヨドバシカメラでは取り寄せになっています。
3万円台という価格設定が上手かった以上に、FeliCaに対応したことが大きかったのでしょう。
発売前からReno Aを買うつもりでいましたが、海外にいたので、タイミングを逃しました。手に入れるのは、もう少し様子を見てみてからにしようと考えています。おそらくOPPOのことだから、FeliCa対応のさらにいいスマホを市場に投入してくるでしょう。中国ではすでに新機種が発売になっています。
HUAWEIは、11月14日に新しいスマホを出すようです。おそらくOPPO Reno Aを越えるスペックになるでしょう。ただFeliCaに対応していないと、販売では苦戦すると思う。日本では売れない。さて、どう出て来るか。
iPhone11Pro Maxは確かにいいと思いますが、やはりスマホに13万は出したくない。スマホは毎日使うもの。すぐにキズになるし、落として画面を割ることもある。海外に行けば盗難の危険もあります。
13万も出すんだったら、Macのノートパソコンを新しくするか、カメラのレンズを1本買います。
今使っているHUAWEI mate 9は、ついに3年目に突入しました。1回ガラスを割り、バッテリーも交換している。今も問題なく使えますが、電源ボタンの反応が鈍く、Wi-Fiが不安定になってきた。そろそろ新しいスマホに乗り替えようかなと思っているのです。

2019年11月 1日 (金)

フィルムのスキャニング

フィルムに関しては冬の時代です。氷河期と言ってもいい。
もちろん今はフィルムを使って写真を撮ることはあまりありませんが、問題は以前フィルムで撮った写真をどうするか、です。

写真集の○○ページの写真を送って欲しいという問い合わせがポツポツ入ります。こちらでデータ化して送るのですが、家庭用のスキャナだと綺麗にスキャニング出来ないので、スキャニングは印刷会社さんにお願いしています。
低解像度の粗いデータでもいい場合は、家庭用のスキャナを使って自分でスキャニングしています。ご存じのように、スキャナは各メーカーから新製品が出てきません。今後も出ることはないでしょう。フィルムスキャナは絶滅危惧種です。

Img_20191102_150514 吉村事務所では、10年以上も前に買ったEPSONF-3200というフィルム専用スキャナをだましだまし使っています。
一応、4×5フィルムまで対応しているし、Macの最新バージョンでも奇跡的に動きます。

いずれにしても、今の若い方々は、みんな「フィルム」というのを知りません。言葉は知っていても、現物を見たことがない人がほとんどです。
最初の打ち合わせの時、「フィルムという写真」を説明するのが結構大変です。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31