フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 石の写真集 | トップページ | 「日本一のニンニクのまち」青森県 田子町 »

2021年8月15日 (日)

ネットは甘くないです

20210815-153515 雨の中、マックを持ってスタバへ。
キーボードを叩き、連載「写真のひみつ」の原稿を1本書いて、その場でブログにアップしました。
https://kaz-yoshimura.com/

一日の時間帯に関しては、これで終わりです。
次は緑、青、黄、白など、吉村が考える「色」について書いていこうと思います。それを5〜6本書いたら、次は「構図」をテーマに書きます。

最近よく仕事関係者から、
「吉村さんは、ブログに広告を入れているし、YouTubeにも広告が入っているしで、ネットではどのくらい収入があるんですか?」
と質問されます。

ブログの方は1日数十円くらいなので月数百円。YouTubeの方は月コーヒー三杯分くらいです。あっ、もっと少ないかな。
でもこんな微々たる金額でも、ちゃんとアメリカから振り込まれるんですよ。グーグル様は凄いと思う。 

ブログで食べていくには、1日30万〜50万のアクセスがないとダメです。
よく事件があると、「○○さんのことを調べてみました!」というようなまとめ記事がアップされますよね。これみんな大学生や20代の若者が作っているのですが、とてつもないアクセスが得られるので、収入もハンパないです。
ごくごく普通の日記を書くようなブログだと、月の収入は数十円どまりです。

YouTubeは、チャンネル登録者数が最低でも10万人いなければだめですね。そうすれば毎月サラリーマンの給料より入ってくるので、YouTubeだけで食べていけます。
衝撃的なことをやったり、炎上させたりする動画はやっぱり強い。チャンネル登録者数も収入もグングン伸びていきます。

僕も、車の動画とか、最新カメラの本音レビューとか、今流行りのキャンピングカーの動画をどんどんアップしていけば、チャンネル登録者数は5000人、1万人と増えていくとは思うのですが、それをやってしまうと、写真家でなくなってしまいますね。
YouTubeはあくまで、今活動していることの「報告」程度でいいと思っています。

ブロガーやユーチューバーは、今小学生や中学生が憧れる職業ナンバーワンですが、決して甘くはないですからね。小学生の皆さん、覚悟して取り組んでください(笑)

« 石の写真集 | トップページ | 「日本一のニンニクのまち」青森県 田子町 »