フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 松本→東京 | トップページ | 水戸でトーク・カレンダーの打ち合わせ »

2021年11月17日 (水)

新しいスマホ Xiaomi 11T Pro

バルミューダスマホ、コンセプトはいいと思うのですが、どう考えても10万円というのは高いと思う。売れるといいのですが……。

Img20211118081803 先日、1年半ぶりにスマホを新しくしました。
それまで使っていたのはOPPO Reno3 Aです。いいスマホですが、Snapdragon 665なので、とにかく遅い。あと微妙に使いにくい点が、写真ライブラリーで最新写真が一番下に来てしまうこと。普通上ですよね。

早く乗り換えたくして仕方なかったのですが、この世の中に欲しいと思うスマホがありませんでした。

シャープやソニーなどの日本スマホもいいと思うのですが、何故か日本スマホは「戻る」ボタンが左なんです。右に変更できる機能を搭載してほしいのですが、何故か頑なに左に拘っている。もちろん中国や韓国のスマホは、右左の切り替え機能を搭載しています。つまりこのような些細なことでも、日本スマホは中国や韓国のスマホに勝てないのです。
何度も言いますが、戻るボタンは絶対に右です。なぜなら親指の第一関節はくの字に曲がっているから。

僕の場合、Suicaが使える「おサイフ機能」は必須です。最近、おサイフ機能搭載スマホが増えてきたのですが、2〜3万円代のいわゆる「格安スマホ」ばかり。OPPOもXiaomiも、何故かフラッグシップ機では出してきませんでした。

そしたらついにシャオミから出たのです。11T Proが。
Snapdragon 888で、ディスプレイは6.67インチと大きく、あらゆる面でiPhoneを超えるスペックです。おサイフ機能もしっかり搭載されている。そして何より価格は69,800円(初回限定で64,000円だった)と安い。超コスパが高いです。

11T Proが発表になった瞬間、「コレだ!」と思いました。シャオミのサイトで速攻で予約を入れ、発売日と同時にゲットです。

Xiaomi 11T Proを使って2週間経ちましたが、もう最高です。アプリの立ち上げは目を見張るほど早く、指紋認証、カメラと、すべての動作がサクサク動く。最初ウィジェットが使えず、「あれっ?」と思いましたが、ウィジェット1つ1つに権限を与えていかなければいけないのです。(長押しの「アプリ情報」から入っていけます)さすが上位機種。感動してしまいました。
バッテリーの急速充電は感動します。5〜6分でフル充電。そのかわり、充電器はスマホ以上に重いです(笑)

11T Proに、何一つとして不満はありません。初めて自分にぴったり合ったスマホに出会えた感じです。
このスマホの魅力を語るYouTube動画を撮りたくて仕方ないのですが、なかなかその時間がありません。年内にどこかで撮影します。

« 松本→東京 | トップページ | 水戸でトーク・カレンダーの打ち合わせ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31