フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« レタッチと色見本 | トップページ | CX-5、1回目の車検 »

2022年4月20日 (水)

モニターはEIZO(エイゾー)のColorEdge(カラーエッジ)がいい

朝から仕事場に籠もり、写真データのレタッチ、A4の色見本作り。
夕方までに15カット終わらせました。あと残り8カット。

36点のレタッチと見本プリントの作成は1週間くらい掛かるかな、と思っていましたが、4日で終わりそうです。

仕事がわりかしスムーズにいくのは、エイゾーの液晶モニターのお陰です。モニターのキャリブレーションをしっかりやっているので、表示されたものと全く同じものがプリンターで出力されます。そう、プリントの色は一発で決まる。
Img_20220420_174136
Macの光沢のモニターでは、色合わせは絶対に無理です。だから27インチiMacのモニターは、サブで使っている。
プロの写真家の多くが、EIZOのカラーエッジを使っています。

全紙サイズの本番プリント&裏打ちまで自分で出来るのですが、それをやってしまうと丸2週間は潰れてしまいます。
僕は「任せられるところは任せるようにする派」です。
いつも写真展のプリントは、制作会社のプロに任せている。
写真家は、写真を撮ったり、原稿を書いたりする方を優先していきたいです。

« レタッチと色見本 | トップページ | CX-5、1回目の車検 »