フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« カレンダーの写真選び | トップページ | カレンダーの写真選び 今年もクオリティの高いカレンダーを作ります »

2022年5月18日 (水)

小谷さんの書店「葉々社」OPEN

まずはこの記事をお読みください。 

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/dcm/1409606.html 

編集者の小谷輝之さんが、出版社をやめ、小さな書店をはじめました。
僕のフォトエッセイ集『小さな村は、聖なる鐘の音につつまれていた』は、デジタルカメラマガジンに連載していたものがベースになっています。その連載を僕に依頼し、担当してくれたのが小谷さんでした。

もう何年もお会いしていませんが、先日、書店立ち上げの連絡が入ったのです。

夢を実現させてしまうって、凄いことですね。ホント、凄いと思う。心から尊敬します。

小谷さんの新たな挑戦を知り、自分が清里でギャラリーを始めた頃を思い出しました。店舗の立ち上げで400万くらい投資しましたが、その頃は楽しくて仕方なかった。
結果、すべてを失い2年で撤退しましたが、もちろん今でも再チャレンジを考えています。次はもっと上手く出来るような気がしている。

問題は、それをいつやるか、ですね。
早くアクションを起こさないと、自分はどんどんとオッサンになってしまう。60、70はアッという間。何をするにも、この年齢では遅いのです。 

記事のスクショを撮りましたが、勝手に出てくるアドセンスの広告が清里の不動産になっている(^^;) この2年あまり物件情報ばかりをチェックしているから(笑)
20220518-164050

« カレンダーの写真選び | トップページ | カレンダーの写真選び 今年もクオリティの高いカレンダーを作ります »