フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 2023年度版の「カレンダー」の制作が大詰めを迎えています | トップページ | 宿の予約がなかなか取れない »

2022年6月13日 (月)

滝の前でウェディング撮影

3時起き。CX-5で清里へ。最近は相模湖インターで下ります。ここから下道を走っていくと、ほどよい時間に清里に着くことができます。

Img_20220613_121133 珍しくウェイディング撮影の仕事が入りました。お二人を、大滝の前で撮影します。その後、白樺が植わる森の前でも撮りました。もちろん新婦さんは純白のウェディングドレスを着ています。

ウェディング撮影の仕事はたまに入ります。もちろん式の様子を撮る撮影は受けていませんが、お二人を野外で撮る撮影は、時間があるときは受けるようにしています。

23才のとき、松本で暮らし、カナダへ行くための資金作りのアルバイトに明け暮れていました。
最初はトヨタレンタカーで働きましたが、写真スタジオで募集を見つけたので、切り替えたのです。
そのスタジオは、松本中の式場と契約しており、週末はスチルカメラマンとして派遣されました。10組くらい、撮影したと思う。ケーキカットのシーンとか、うまく撮りました。
式場でのスタジオ撮りは先輩カメラマンです。もし10年このスタジオにいたら、スタジオ撮りも任されていたでしょう。僕は半年でやめ、カナダへ旅立ちました。

Img_20220613_144250 終了後、「萌木の村」に立ち寄ります。1ヶ月ぶりに訪れるオルゴール博物館です。
A4のアクリル作品(写真展のA3アクリルよりひとまわり小さなサイズ)が何点かありました。ビニールに入った状態で展示しているので綺麗です。通販ページでも購入可能です。

東京の制作会社さんから借りているイーゼルの返却についての打ち合わせ。
木曜日に思い切ってハイエースを借ります。今回の写真展の作品額を松本へ移動し、帰りに清里に立ち寄り、イーゼルを引き明け、東京に戻ります。

夕方、CX-5で東京に戻りました。もちろん相模湖インターです。

« 2023年度版の「カレンダー」の制作が大詰めを迎えています | トップページ | 宿の予約がなかなか取れない »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28