フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 今、多くの美術館、ギャラリーは「撮影OK」です | トップページ | ちょっとした裏話 »

2022年6月10日 (金)

写真展会場で寄せられた質問です

質問:「アクリルはどうやって飾るのですが? 取り扱い方法は?」

どのアクリルも、壁に打ち付けた釘2本を裏のゲタにひっかけています。一応紐もついていますが、ピクチャーレールからのびたワイヤーを紐に引っかける方式だと、アクリルが若干頭を垂れてしまいます。
ご注文いただいたアクリルは、順次発送していきます。開封したとき、アクリルがあまりにも美しいので、一瞬ひるんでしまうかもしれません。でも大丈夫です。アクリルはそんなに弱くはありません。ホコリがついたらクイックルワイパーでサッとひと拭きするだけで取れます。指紋がついてしまったら、ウエットティッシュで軽く拭いてみてください。すぐに取れます。(吉村事務所では、業務用のアルコールを使っています)
アクリル表面はツルツルしているので、それほどホコリはつきません。プリント自体は、額装と同じプリントです。よって、退色スピードも同じです。30〜40年は今の色がキープできると思います。ただ、直射日光だけは避けてください。これは他のアート作品と同じです。絵画やイラストも、直射日光を当てたらアウトです。額の裏についている紐は、10年くらいで取り替えてください。経年劣化で切れやすくなりますので。

質問:「来年のカレンダーはモノクロ作品集になるのですか?」

いえ、カラーです。世界の美しい風景で構成します。あと1週間くらいで使う写真が本決まりになります。表紙の裏にある額装用の1枚は、今回個展でも発表した「フレンチリバー村の朝」に決まりました。

質問:「次の写真展はいつですか?」

年末に、世界の美しい風景を紹介する小型版の写真集を出版したいと思っています。それに合わせて山梨県清里のオルゴール館内でパネル展をやろうと計画していますが、まだどうなるかわかりません。
今年は海外・国内取材に本腰を入れます。よって、本の準備は秋からになります。そしたら出版は来春ですね。
まずは来月、スイスへ旅立ちます。

質問:「大阪での写真展やイベントの予定はありますか?」

残念ながらありません。「赤毛のアン」がらみのイベントの話はあったのですが、中止になりました。
年末、トークショーはいくつか決まっています。11月に静岡で開催します。静岡は初めてなので、今から楽しみです。 

質問:「登録住所変更はどのようにするのですか?」

公開しているメールアドレスか、もしくは清里フォトギャラリーHPのフォームから送信してください。吉村が読んでいます。

質問:「レンズクロスはネットでも買えますか?」

はい、買えます。会場では1枚500円でしたが、730円が正規の値段です。あと送料が300円かかります。
今後、Amazonでも買えるようになるとのことです。
https://item.rakuten.co.jp/locadesign/k49044/
Fuaeka6aaaakqxx

« 今、多くの美術館、ギャラリーは「撮影OK」です | トップページ | ちょっとした裏話 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28