フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 電子棚札が欲しい | トップページ | スイスです »

2022年7月10日 (日)

いま、フイルムがブームです

海外取材に64ギガのSDカードをあと2枚くらい持っていこうと思い立ち、都心の量販店へ。
ちょうど30%OFFセールをやっていたので、1枚8300円でゲットできました。
撮影テーマが風景やスナップであれば、読み込みスピードが遅いSDカードでも大丈夫です。

売り場の横に、フイルムコーナーがありました。 
そうなんです、今、多くの若者はフイルムで写真を撮っている。
現像やデータ化はどうしているんだろう……と気になり、店員さんに尋ねてみました。
すると、現像のみ、現像とプリント、現像とデータ化と、いくつかのコースから選ぶことが出来るのだとか。
もっとも人気があるのが、現像とデータ化、そのデータをスマホからダウンロード、というコースらしいです。この場合、フイルムは現像所で処分となります。そう、若者たちはフイルムを欲しがらないのです。

昭和世代の写真家からすれば、元のフイルムはいらない、というスタイルが理解できないのですが、よくよく考えてみれば、フイルムを持っていても20年後、30年後は退色して使いものにならなくなるので、データ化が終わった時点で処分してしまう、というのは正しいことなのかもしれません。

フィルムに関する動画をYouTubeにアップすると、たくさんの方が視聴してくれます。
帰国後、フィルムに関する動画を作ってみようと思い立ち、ネガカラーフイルムを1本衝動買いしました。
Img_20220710_183131

« 電子棚札が欲しい | トップページ | スイスです »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28