フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« ツアーで各湖を巡る。レイクルイーズからライブ配信 | トップページ | ボウレイクへ。カルガリーへ移動 »

2022年8月27日 (土)

いま、バンフのホテルは一泊4〜5万円です

今日は朝から雨です。
キャンプ場を出て、バンフの街中へ。昨日と同じように、フリーのRV専用駐車場にキャンピングカーを停めます。
バンフ在住のカナディアンRさんとお会いし、インタビュー取材。色々な話をお聞きしました。

その後、雨ですることがなかったので、100キロほど北上し、ボーレイクまで行ってみました。
駐車場で2時間ほど待機しましたが、雨はやみませんでした。諦め、バンフに戻ります。

夜、バンフの町を歩いてみました。各ホテル「VACANCY」の案内が出ています。当日になると空きもポツポツあるんだなと思い、ブッキングコムで各ホテルの値段を調べてみたら、最低で45,000円でした。今の時代、バンフのようなメジャーな観光地のホテルは、一泊4万円が普通です。(35年前は、一泊1万円くらいだった)

それにしても、近年のカナダの物価の高さは異常です。スイスも高い高いと言われていますが、カナダに比べたら安い方です。
カナダの物価は、30年前に比べると3.5倍に跳ね上がっているそうです。でも働く人々の所得は2.5倍になっている。カナダでは、年収1000万というのはごくごく当たり前の世界です。

先進国の中で、横ばい状態が続いているのは日本だけです。政府は所得をあげようと躍起になっていますが、日本の企業自体の業績が悪いので、難しいですね。
海外に出るたびに感じるのは、「今後、日本という国は大丈夫だろうか……」ということ。
日本国内だけで完結していれば何ら問題ないのですが、海外相手のビジネス、たとえば旅行業とかは、相当厳しくなってくるような気がしている。今後、日本人の海外旅行は、夢のまた夢になってしまうのかもしれません。現に今、そうなりつつあります。

僕自身、まだ海外をテーマに頑張っていますが、もうダメと思ったら、国内取材オンリーに切り替えます。
Fbnwd7jxkaazaib

« ツアーで各湖を巡る。レイクルイーズからライブ配信 | トップページ | ボウレイクへ。カルガリーへ移動 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28