フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 大平原を撮影。家族を取材 | トップページ | 帰国準備、撮影データのコピーなど。ホテルで一日過ごしました »

2022年8月31日 (水)

キャンピングカーを返却。その後、PCR検査

朝6時、出発準備。
何度も水を注入し、汚水処理を行いました。ただ汚水を流しただけでは、なかなか空にならないのです。
この作業、だんだんと慣れてきた。

RVパークをチェックアウト、高速を北上し、カルガリーの街中へ。
キャンピングカーのレンタル会社「カナドリーム」に少し早く着いたので、その足でティムホートンに立ち寄り、コーヒーとクロワッサンで朝食。
約束の時間、9時にキャンピングカーを返却します。
マイレージのオーバーは約700ドルでした。
燃料代400ドルも請求されたので、「借りるとき、タンクは同じレベルでいいといったじゃないか!」とクレームします。
すかさずコンピューターの履歴をチェック。「Mrヨシムラ、申し訳ない、私達のミスです」とすぐに誤ってきました。
燃料を空で返却すると400500ドル請求されますのでご注意ください。自分でスタンドに行くと250ドルくらいで満タンに出来ます。

キャンピングカーの旅、いい経験になりました。費用に関してはまた後日YouTubeでお伝えしますが、11日間借りて、2700キロくらい走って、燃料代も含めて、トータル80万円くらいでした。

20220831-212312 タクシーで空港へ。
予約していたタッチヘルスでPCR検査を行います。
何と、日本の厚生労働省の書類を受け取ってくれませんでした。必要な場合、結果が出てからもう一度ここに立ち寄るように、と言われた。
他の国は、スキャンしてメール添付で送ってくれたのですが……。
仕方ない、明日またホテルの無料シャトルバスで空港に出向きます。
まあでもこれは、日本もいけないのです。現地ではしっかりした「陰性証明」が発行されるのに、なぜ厚生労働省の別の書類も必要になってくるのでしょうか。 

いよいよ日本も97日から陰性証明がいらなくなるようです。これで少しは海外の旅がしやすくなりますね。

« 大平原を撮影。家族を取材 | トップページ | 帰国準備、撮影データのコピーなど。ホテルで一日過ごしました »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28