フォト

LINK

2020年に出版した本

2019年に出版した本

« 現在の状況 | トップページ | 自分の作品を売ることについて »

2022年10月18日 (火)

高くても安く感じるときがある

今、ホテルの宿泊料が値上がりしています。色々な物価が上昇しているのでやむをえないことなのでしょう。マスコミは旅行割に伴う便乗値上げと騒いでいますが、便乗値上げとはちょっと違うと思う。

稀に、一泊9000円で泊まれる部屋が、週末になると一泊2万円に跳ね上がったりします。これに関しては、どー考えてもおかしいと思う。僕自身、そんなホテルには絶対に週末料金で泊まりたくないです。なぜなら、これだけの価格差があっても、部屋は同じ、サービスも同じだからです。

いきつくところ、ホテルは、お客さんにいかに満足感を与えられるか、だと思っています。満足感を与えることが出来れば、高額な宿泊料は気にならなくなる。
たとえば新庄村で泊まった宿は、1泊2.5万円でした。最初は、随分と高いなあ〜と感じたのですが、実際泊まってみたら、特に料理で120%の満足感を味わうことができた。チェックアウトのとき、心の底からこの宿に宿泊してよかったと思ったし、2.5万円が安く感じました。

いずれにしても、大変な世の中になってきました。僕自身、少しでもいい取材を行うために経費をガンガン使っていますが、そろそろこれも限界に近づいている。車中泊をもっと取り入れるといいのですが、無理すると体調を壊すので、医療費が嵩みます。本末転倒です。

来年、原油高や円安だけは落ち着いてもらいたいですね。今のままだと海外に行くことが出来ません。
Img_20221002_122428

« 現在の状況 | トップページ | 自分の作品を売ることについて »