フォト

LINK

« Xiaomi Smart Band 7はGmailが全文読める! | トップページ | クリアファイルをテスト中。うまくいけば制作します »

2023年10月29日 (日)

暗室と引伸し機が欲しい

渋谷のギャラリー・ルデコで開催されているgrayn展を観に行きました。モノクロフィルムに拘って活動している大学生の写真展です。
今度、彼らと対談を行います。年内にはYouTubeにアップできるでしょう。

Img_20231029_134226

Graynは、各大学にある暗室を守ることを目的に活動しています。40年ほど前は、どの学校にも暗室はありました。僕の高校にもあった。あの暗室のお陰で、吉村は写真家になることができたのです。

暗室作業、いつか再開したいと思っています。
実は20代の頃に使っていた引伸し機を実家でキープしているのです。タンクや現像バット、イーゼルはさすがに処分しましたが、今でも製造されているので、購入は可能です。

問題は場所です。東京も松本も、暗室にできるようなスペースはありません。
清里の森でギャラリーをはじめたとき、水道があったキッチンを暗室にする予定でした。そのために15万もかけて流し台を新調したのです。結果、暗室のあの字も考えることなく1年が瞬く間に過ぎ、物件は解約となりました。あのログハウス、暗室を造るには最高の場所でした。

暗室の夢はまだ諦めていません。いつか造ります。でもうかうかしていると、夢はいつになっても叶いませんね。
来年こそは何らかの行動を起こします。 

引伸し機はまだ買えるのだろうか……とふと気になって検索してみました。さすがに新品は無理ですが、中古ではたくさん出ていますね。みんな処分に困っているのでしょう。
どうせ買うんだったら、4×5まで出来る引伸し機が欲しい。これはタマ数が少ないので、中古を探すのが大変になってくると思う。
大型引伸し機をお持ちで、処分に困っている方がいたら、是非ご連絡ください。吉村が買い取れるかもしれません。 

« Xiaomi Smart Band 7はGmailが全文読める! | トップページ | クリアファイルをテスト中。うまくいけば制作します »