フォト

LINK

« 撮影で使う車は「軽」がベスト | トップページ | 山梨にある8店舗撮影。秩父経由で東京に戻る »

2023年10月 7日 (土)

R2と別れ、寂しいです...

早起きし、南信へ。宮田と箕輪と伊那にあるハッピードリンクショップを撮影しました。

いったん松本に戻り、R2の車内清掃を行います。プラスワンでヘラを買い、ナビのアタッチメントやドライブレコーダーを取り外しました。

午後、塩尻の村上自動車へ。R2を売却します。売却と言っても、14年目、車検なし、11万キロオーバーで、値はつきませんでした。同級生ということもあり、ちょこっとだけもらいます。

信州の大学生の多くが車通学です。
今の時代、18〜20歳の任意保険料は年間33万、車両保険なしでも15万です。学生たちはどうやって車を手に入れているか、訊いてみました。

どうやら親族間であれば、等級引継ぎというのができるそうです。つまりお父さんの保険(等級)をそのまま息子に譲る。すると年間車両保険込みでも6〜8万くらいに落とせるのだとか。で、お父さんは新たな保険に入る。等級は最初からですが、40代、50代であれば新規でも10〜15万くらい。

子供が自動車免許を取ったので、親の車で練習する、というのは、基本、出来ません。なぜなら多くの任意保険が25歳以下は運転できないようになっているから。
親の保険を18歳まで引き下げると、やはり年間33万くらいは掛かるそうです。

大学生が車の練習をするときは、「ワンデー保険」に入るといいでしょう。ネットで簡単に予約でき、1日800円〜1000円です。東京海上日動の「ちょいのり保険」であれば、法人の車でも契約できます。
親の車で子供に運転の練習をさせるときは、必ずワンデー保険に入るようにしてください。

いずれにせよ、18〜20歳の年間33万というのは、月にすると2.8万なので、考えようによっては安いですね。
免許取り立ての若者は、必ずといっていいほど車をぶつけるそうです。あと、深刻な事故も多い。電気自動車やハイブリッドカーなど、いまの車は複雑に出来ているので、修理代金は超高額です。
保険会社が出している年間33万というのは、何となく頷けます。

今の自動車保険は、とても複雑です。僕らの若い頃と全然違う。この保険の仕組みを悪用して儲けている何とかモーターとか、大手の自動車販売会社は許せないですね。

R2を売却後、社長に塩尻駅まで車で送ってもらい、電車で実家に戻りました。

正直に書いていいですか。
いま、とても寂しいです。この3年間、ずっと行動を共にしてきた良き相棒R2と別れ、心の中にぽっかりと穴が空いてしまった感じ。

使っていないカメラやレンズ、パソコンやスマホは、どんどんと手放しています。そのとき、寂しさを感じることはない。あと、人との別れでも、それほど寂しいと感じたことはありません。

R2と別れ、はじめて寂しいという感情を味わっています。
なるほど、これが「寂しさ」なんですね(笑)

1696684898296

« 撮影で使う車は「軽」がベスト | トップページ | 山梨にある8店舗撮影。秩父経由で東京に戻る »