フォト

LINK

« サブスクは6つだけ | トップページ | いいものを残していくことが出来ない時代 »

2023年10月11日 (水)

レイアウト変更

儲かっているお店ほど、店内のレイアウトを変更すると言われています。訪れる客を常に新鮮な気持ちにさせ、飽きさせない工夫をしているのだとか。

今日は3時に都心で人と会う約束がありました。その前に30分ほど時間が取れたので、乗り換え駅にある文具店に立ち寄り、取材用のB5ノートといつものサインペンを買うことにします。

5分で買い物を終えて店を出るつもりが、何と、文具売り場は見事にレイアウト変更されていたのです。B5ノートが置かれた棚を見つけるまでに4分、サインペインの売り場はすぐに見つかったのですが、50種類以上あったので、自分がいつも買っているペンがどれだかわかりません。

すぐに店員さんをつかまえ、「前の売り場の棚の右から5番目くらいにあったペンはどれですか?」と焦りながら質問します。当然店員さんは戸惑っています。結局いつものペンを買うことができず、店を後にしました。ミーティングに10分遅刻します。

よく行く都心のカメラ量販店もしょっちゅうレイアウト変更をします。モニターコーナーが一番後ろになっていたり、プリンターのインクコーナーでキヤノンとエプソンが入れ替わったりしている。

電車の乗り換え時、量販店に立ち寄りチラッと新製品の動画カメラでも見ていこうかなと考えたとき、いつのも売り場に目的の商品がなかったりすると、結構いらつきますね。常連は、「なんでレイアウト変更なんかするんだよ……」と思ってしまう(笑)

2024年度版のカレンダー『美しい世界をめぐる旅』は完成しているのですが、Amazonでの販売はまだはじまっていません。10月20日前後になるとのこと。
三重の喫茶店「ティーコージー」では、昨日から販売がはじまりました。全国の文具店での状況は、状況が入り次第お伝えします。

あともう一点、たいへん魅力的なミニカレンダーがあるのですが、これは非売品です。年末に行うジュンク堂書店のトークショーのときに、抽選で10名くらいにプレゼントしようと考えています。

Img_20231011_172301

« サブスクは6つだけ | トップページ | いいものを残していくことが出来ない時代 »