フォト

LINK

« 高崎〜川上村〜清里 | トップページ | R2と別れ、寂しいです... »

2023年10月 6日 (金)

撮影で使う車は「軽」がベスト

SUBARU R2は最終日です。明日、売ります。
撮影の前に高ボッチ高原に立ち寄り、記念にR2の動画を撮りました。断片的ですが、編集で繋げそうであれば、後日YouTubeにアップします。

Img_20231006_102049

中古車は「あたり」か「はずれ」です。今回は見事に「あたり」でした。今後もメンテナンスさえしっかり行っていけば、20万キロ、30万キロはいけるもしれません。5000km毎のオイル交換は大切です。

20代の頃、カナダで買った中古車3台は、すべて「はずれ」でした。どれも3000ドル(30万)で買って3000ドル以上の修理代がかかった。だったら最初から60万くらいの中古車を選べばいいかというと、そうでもありません。車を粗く扱っていた人の中古車は、50万であろうと100万であろうと、はずれです。

丸3年R2に乗ってみて、写真家の撮影車は軽がベストだな、と思いました。細い道でもどんどん入っていけるし、狭いスペースにも停められます。

僕らが若い頃は、免許を取得したらすぐに車を買う、というのが普通でした。でもいまの若い人たちは車を持っていない。先日大学生と会ったときに訊いてみたら、欲しいけど保険料が高いから買えない、とのことでした。

調べてみたら、1820歳が年間約30万、2125歳が約15万、2629歳が8万、30代以上が約6万でした。確かに年間30万だと、十代の人が車を持つのは厳しそうですね。

« 高崎〜川上村〜清里 | トップページ | R2と別れ、寂しいです... »