フォト

LINK

« 美しい村を撮影した後、ムルテンへ | トップページ | チューリッヒからの帰国便で映画を観る »

2024年2月 3日 (土)

ジュネーブに戻る。格安ワインの味

朝、濃い霧が出ます。
8時にフリーパーキングが終わるので、朝食後、わざわざ駐車場まで行き、5スイスフランを払いました。

チェックアウト後、ムルテンの街中を歩いて一周しました。路地や公園が霧に覆われていたので、なかなか幻想的だった。
スイス、今年は暖冬なのか、それほど寒くありません。フリース一枚で十分です。ユニクロのヒートテック極暖を持ってきましたが、出番は一度もありませんでした。
ご存じのように、ヒートテックは、ウォーキングや登山など、少しでも動きがあるときには使えません。体が熱くなりすぎてしまうから。
ホテルの部屋が寒いときに着ようと持ってきたのですが、どのホテルの部屋も暖かく、Tシャツ一枚で十分でした。

Img_20240203_093207

その後、高速を走って西へ移動。
一般道で真っ赤なランボルギーニに煽られます。何だか嬉しかった(笑)

サービスエリアでガソリンを満タンにします。
今回のレンタカーはフォルクスワーゲン。燃費はイマイチですが、走りは素晴らしいです。

Img_20240203_132525

コープがあったので、いつものチキンカレーを食べました。
今回、昼と夜はコープです。あつあつのチキンカレー、本当に美味しいんです。あと、オレンジジュースもお勧め。ヨーロッパは乾燥しているので、冷たいジュースがなおさら美味しく感じます。

Romainmôtier 村に立ち寄ります。2時間ほど村歩き。
村内に素晴らしい大聖堂があるのです。大聖堂といっても、16世紀の宗教改革でプロテスタントになったので、内部は十字架だけです。

その後、写真機材をカメラバッグにしまい、高速を走ってジュネーブへ。
今日はデモ行進があるとかで、街中には行かないように、とアドバイスを受けています。空港ホテルにして正解でした。

まずはレンタカーを返却しようと思い、ハーツの駐車場を探しますが見つかりません。通常どの空港も「CAR RENTAL」の案内版があるのですが、ジュネーブ空港はそれがどうしても見つからない。

何度も空港周辺を周り、久しぶりにパニクりました。
で、一か八かで入った駐車場の地下に、レンタカー専用の駐車場があった。
ジュネーブ空港周辺の道は、高速と一般道が並行して走っているので、立体的になっています。つまり下道からアプローチすれば、「CAR RENTAL」の標識を見つけることができたというわけです。
ヨーロッパの各都市でレンタカーを借りていますが、返却に関してはジュネーブ空港が一番難しいですね。ナビ通りに行くと返却できない。

レンタカー代、今回は約1週間なので、12万円くらいでしょう。

空港近くのホテルにチェックイン。
近くのコープまで歩き、夕食をゲット。チキンカレーがなかったので、サーモン丼にしました。普通だった。

そうそう、スイスが意外と酒類が安いです。ビールは、日本の発泡酒並みの値段。このワインのミニボトル、何と1.6スイスフラン(274円)。
で、試しに買って飲んでみたのですが、濃厚でとてつもなく美味しかった。日本で買う高級ワインに匹敵する味です。

Img_20240203_181400

日本のスーパーにある300円前後で買える小ボトルのワインって、どれもイマイチですよね。中には、これ、ブドウジュースかよ、という残念なワインもある。

スペインもそうでしたが、欧州は、格安で売っているワインに一切の妥協がありません。ホント、美味しいんです。
逆に、50ユーロ以上のワインを飲んでみたくなりますね。究極の味だったりして。

« 美しい村を撮影した後、ムルテンへ | トップページ | チューリッヒからの帰国便で映画を観る »