フォト

LINK

« 車のアイドリングストップは、ストレスです | トップページ | PENTAX superAとリコーGR »

2024年2月19日 (月)

リコーGRの作動チェック

今日はイタリア文化圏にある村の原稿の手直し。
スイスにはフランス、ドイツ、イタリア、ロマンシュと4つの文化圏があるので、とても難しい。
全然進んでいきません。原稿を書くのは早い方ですが、スイスに限っては超スローです。
毎日、あっという間に夕方、あっという間に夜です。

で、今日の気晴らしは、リコーGRの作動チェック。

世の中に流通しているたくさんのデジタルカメラ。どれもいい点と悪い点がある。プロが集まると結構本音が出ます。
でも、リコーGRを悪く言う人は、いままで一人も会ったことがないですね。
プロもアマも大絶賛するコンパクトデジカメです。

いま、最新のGRを注文しても、2〜4カ月待ちです。売れすぎて、生産が追いつかないのです。

防湿庫の中を探ってみたら、GRが2台ありました。どちらも初代です。

Img_20240219_233606

約10年ぶりに、電源をONにしてみます。
一台は全く問題ありませんでしたが、もう一台の方は、SDカードを認識しませんでした。おそらく、経年劣化による基板のヨゴレでしょう。

200回、300回と、SDカードの出し入れを繰り返したら、認識するようになった(笑)

やはりデジタルカメラも使っていないとダメですね。

フィルムのGR1vも一台所有しています。20年前、量販店で買いました。
写りは素晴らしいです。
残念ながら液晶が死んでいますが、まだまだ使えます。
夏頃、フィルムを入れ、1本撮ってみるつもりです。

« 車のアイドリングストップは、ストレスです | トップページ | PENTAX superAとリコーGR »