フォト

LINK

« フィルムカメラの価値 | トップページ | 魅力的な「フォトコンテスト」のお知らせ 賞金10万円 »

2024年4月 1日 (月)

昔のアーティストは凄かった

スイスの写真セレクト、今日は朝から夕方まで頑張ったのですが、2村しか出来ませんでした。
どの村も第三次選考まで行い、撮影した写真をすべてチェックし、水平垂直を直しているので、そこそこ時間がかかるんです。

ある村の聖堂内の芸術に心奪われました。
昔のアーティスト、画家や彫刻家はとてつもなく凄いですね。100年、200年と時代を遡っていくに従って凄くなっていく。

今のアート界で活躍しているアーティストが、昔のアーティストを超えられるか、といったら、絶対に無理だと思う。
なぜなら、作品制作にかけている時間が違うから。

昔のアーティストは、一つの作品を生み出すのに、10年、20年という時間をかける。中には50年、100年という時間をかけ、自分の代では終わらない作品も存在する。

20240402-04917

10年で一つの作品を生み出すとしたら、半年や1年くらい制作を行っただけでは、それがどんな作品になるか、他人にはわらかないと思うのです。完成形はアーティストの頭の中にしかない。

例えば教会側から天井画の依頼を受けたら、「承知しました。完成は13年後の1650年の年末です」と、そんなやり取りが行われていたのではないでしょうか。
アーティストは、13年間、作品制作に没頭できるだけのお金をもらっていた。資金の流れも素晴らしいと思います。

スイスの本作り、たった4ヶ月でヒーヒー言っている写真家なんか、全然ダメだと思う。昔の人に笑われてしまう。
まあでも、自分に10年20年と遊んで暮らせるだけのお金があるとしたら、10年くらい掛けて一冊の写真集を作ってみたい、という想いはあるのです。
8×10カメラを使って、日本全土の風景を隅から隅まで撮るとか。

ヨーロッパで、14〜17世紀くらいに生み出された芸術にふれる旅は最高です。なぜなら、感動し、その後、自分がいかにちっぽけな人間かというのがわかるから。

« フィルムカメラの価値 | トップページ | 魅力的な「フォトコンテスト」のお知らせ 賞金10万円 »