フォト

LINK

« PENTAX LX、スイスの旅をYouTubeにアップしました | トップページ | 選挙演説がうるさく、原稿が書けない »

2024年4月18日 (木)

ぎっくり腰 防湿ボックス

ジメジメシーズン到来です。早めに予防線を張ろうと思い、防湿ボックスを買い足しました。現在4個です。
ちなみに電動の防湿庫は3つ稼働しています。

レンズやカメラをたんまり詰め込んで棚に戻そうとしたら、グキッ。
ぎっくり腰、またやってしまいました。
いつも重い物を持つときは注意をしているのですが、今日に限って何も考えていなかった。

ぎっくり腰、これで5回目です。
記念すべき1回目は、錦鯉の取材で水槽を持ったとき。痛くて痛くて、その日の晩は眠れなかった。
清里でギャラリーの準備をしているとき、写真展で本を搬入しているときなど、何度か繰り返しています。

しばらくヨチヨチ歩きですが、相変わらず原稿に追われているので、特に問題はありません。

防湿ボックスの場合、ゆっくりゆっくり湿度が下がっていきます。
35%くらいになるまで、3日〜5日くらいかかります。
大きな空洞がある天体望遠鏡や超望遠レンズを入れると、なかなか湿度が下がりませんね。

防湿ボックスを買うと、小さな乾燥剤が一つ入っていますが、これだけではダメ、湿度は下がりません。
僕は一つのボックスに5〜8個の乾燥剤を入れています。
カメラやレンズの取り出し時に蓋を開けると、すぐに湿度は60%くらいに戻ってしまいます。そこからまたゆっくりゆっくりと湿度を下げていく。

東洋リビングから、モバイルドライというのが出ていますね。でもこれを4個買ったら2万円。だったらメルカリで、東洋リビングの電動の防湿庫を探した方がいいかも。
https://amzn.to/3w14MX5
まあでもモバイルドライは気になる製品なので、1個買ってみようと思っている。

Img_20240418_181119

« PENTAX LX、スイスの旅をYouTubeにアップしました | トップページ | 選挙演説がうるさく、原稿が書けない »