フォト

LINK

« 『プリンス・エドワード島 七つの物語』重版が出来ました! | トップページ | 鎌倉を歩いてみた »

2024年5月21日 (火)

ライカスマホを見てきた

シャオミのファンとしては、先日登場したライカスマホ14 Ultraが気になりますね。
早速量販店で見てきました。実機を触るだけではカメラの性能はわかりませんでしたが、フォトグラフィーキットは凄かった。これを取り付ければ、ほぼカメラです。

ネックとなるのは、おサイフ機能が搭載されていないことなんです。
何で入れなかったんだろう……。これがないと、日本でスマホとして持つ意味がない。
20万出すんだったら、おサイフ機能が搭載された、シャオミの13 T pro、iPhone15 Pro、GALAXY S24 Ultraを選びますね。
14 Ultraは、ホント、惜しいスマホだと思いました。

いずれにせよ、14 Ultraは、今後のカメラの未来を示唆したスマホです。
今、海外の写真家は、スマホカメラで仕事をする人が多くなっています。雑誌の仕事であれば、スマホで十分いける。
14 Ultraのようなスマホが出ると、「スマホで仕事をする」という動きはますます加速しそうです。

Img_20240516_161156

« 『プリンス・エドワード島 七つの物語』重版が出来ました! | トップページ | 鎌倉を歩いてみた »