フォト

LINK

« 『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』の重版がかかりました | トップページ | 閉店ラッシュ »

2024年6月13日 (木)

大容量インクのプリンターがお勧め

毎日凄まじい数のプリントアウトを行っています。
例えば本の全ページのレイアウトがPDFで送られてきた場合、いっきに250ページをプリントアウトすることになります。寝る前に開始ボタンを押し、朝に仕上がっている感じ。
コピー用紙は、カウネットで、10束単位で買っています。1束500枚入っているのですが、これがすぐに終わってしまう。

プリンターは8年ほど前に買ったキヤノンの大容量インクのプリンターです。これだけ使い込んでいても、よく壊れないものだと感心します。
大容量なので、インク代はほとんどかかりません。プリンターのインク代がたいへんというのは、もう完全に過去のはなしです。
そろそろヘッド交換をした方がいいのですが、故障したら新しいプリンターを新調しようと考えています。

皆さんもプリンターを買うときは、絶対に大容量インクのプリンターにしてください。インクは、ボトル1本分注入しておけば、使っても使ってもなくなりませんので。
プリンターは、キヤノンでもエプソンでもどちらでもいいと思います。
個人的にはブラザーのプリンターも好きです。大容量インクもありますが、インクをボトルで補充する形でないので、この点だけひっかかっている。

会社はもちろんのこと、フリーで活躍されている編集者さんやライターさんのオフィスには決まってリース契約のA3のレーザープリンターが置かれています。
以前、僕も迷ったのですが、A3のレザーはかなり大きいので導入を見送りました。
いまのところ、3〜4万で買えるインクジェットプリンターで事足りています。

Img_20240614_115933

« 『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』の重版がかかりました | トップページ | 閉店ラッシュ »